お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

絶対に許さない。「浮気男」に効果的な4つの制裁

ひろたかおり(恋愛コラムニスト)

反省させるなら自分が「鏡」となる

二度と浮気なんてしてほしくないし、彼氏にはちゃんと反省してほしい。お付き合いを続けるなら当然そう思いますよね。

ですが、頭ごなしに「もうしないで!」と言うだけでは、押さえつけられた彼氏のストレスが溜まる可能性があります。

反省を促すなら、まず自分が手本となるような付き合い方を心がけることが効果的。彼氏の意識をしっかりとこちらに向けましょう。

愛情を口にすることを忘れない、2人の時間を大切にする、喧嘩しても逃げずに向き合うなど、彼氏を尊重する姿が見えれば、彼氏も「二度と彼女を悲しませない」と思うはず。

自分が鏡となることで、彼氏の心もそれに合わせてより愛情を育てやすくなります。

浮気をされても改めていい関係を築いていくために、2人にとって前向きな交際を考えたいですね。

浮気されたら、復讐するより関係を見直す努力を

浮気した彼氏を懲らしめたいと思えば、つい復讐する方法を考えてしまいます。

ですが、彼氏のことが好きでやっぱり別れたくないと思うなら、ネガティブな結果しか残さない制裁ではなく、2人がより幸せな交際をできるように関係を見つめ直す必要があります。

浮気された悲しみはきちんと伝え、浮気の原因をしっかりと話し合いましょう。彼氏が「もう二度と浮気はしない」と思える彼女は、問題を曖昧にしたまま許すだけの女性ではなく、制裁することで気を晴らす女性でもなく、2人の関係を前向きに育てたいと真摯に思う女性であることを忘れないでくださいね。

(ひろたかおり)

※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]