お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

モテる男性がしないこと

北原 古都那

いつも女性が集まってくるような、モテる男性。モテる男性とモテない男性では、一体何がちがうのか気になったことはありませんか? 実際にモテる男性の傾向を見ていくと、モテる男性は相手の女性が望んでいることを把握していて、嫌がることは絶対にしません。今回は、モテる男性が女性に対して絶対にしないことをご紹介していきます。

人によって態度を変える

・「人によって態度を変えず、平等に接する」(33歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「みんな平等に接して、不快な思いをさせない人はモテる」(33歳/学校・教育/その他)

接する相手によってあからさまに態度を変えたり、露骨に顔に出てしまったりするような男性はモテません。モテる男性というのは、どんな相手でも平等に接することを心がけています。たとえ苦手な相手がいたとしても分け隔てなく、相手と接することができる男性は魅力的ですよね。

自分は忙しいアピールをする

・「自分は忙しいアピール、自分の話ばかり」(26歳/学校・教育/その他)

・「忙しいアピール。仕事などの自慢話。人の話を聞かない」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

なぜか男性は、忙しい自分を女性にアピールしたがる傾向があります。男性からすれば「仕事をがんばっている自分はかっこいい」と思っているのかもしれませんが、女性からすると仕事の管理がきちんとできていない男にしか見えませんよね。

偉そうな態度をとる

・「偉そうにする、横暴な態度をとる、自分が一番という言動」(31歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「レストランやコンビニの店員に偉そうな口をきく」(27歳/商社・卸/その他)

他人に対して上から目線な男性や、偉そうな態度をとるような男性はまったくモテません。意中の女性に自分のことを頼もしく思ってほしくて、偉そうな態度をとる男性もいますが、それは逆効果ですよね。

自慢話や武勇伝を話す

・「自分の武勇伝や自慢話、同じ話を何度も言う無限ループ」(32歳/自動車関連/営業職)

・「仕事や得意なことの過剰な自慢話。武勇伝」(25歳/金融・証券/専門職)

自慢話や武勇伝を語る男性は過去のできごとを話すことで、自分の好感度が上がり、女性からモテるものだと思いがちです。しかし、話す内容によっては引いてしまいますよね。モテる男性は女性のことをよく見ているので、女性が退屈そうな表情をしていたらいち早く察知して、会話を変えるなど柔軟に対応できるでしょう。

相手を否定する言動

・「お前はまちがっている、俺の言うことはいつも正しいなど、相手を否定して自分の考えを強要すること」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「ナルシスト過ぎて、自分以外を否定するような人間」(24歳/建設・土木/事務系専門職)

モテない男性は自分と相手の考えのちがいを受け入れることができず、それを正そうとするために否定します。相手の女性の意見を一切考慮しないで、ただ否定するだけの男性はモテるわけがありません。モテる男性は、女性の意見を否定しない会話ができているのです。

まとめ

モテない男性は自分中心にものごとを考えていますが、モテる男性は相手の女性のことを第一に考えているもの。あなたのまわりには、周囲の人に対する思いやりを持って接している男性、いわゆる「モテ男」はいますか?

(北原 古都那)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年1月28日~2月4日
調査人数:632人(22~34歳の働く未婚女性)

お役立ち情報[PR]