お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男性は「付き合った人数が多い女性」をどう思う? #恋の答案用紙

神崎桃子(恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト)

女性が気になる恋愛のアレコレを、男性たちに2択アンケート調査。結果をもとに、恋愛コラムニストの神崎桃子さんが男心を分析します。今回は「付き合った人数が多い女性」にまつわるアンケート。

「付き合った人数が多い女性」彼女候補としてアリ?

「え、もう彼氏できたの?」
「だってこの間、別れたばっかりじゃなかったっけ?」

出会いを求めてもなかなか彼氏ができなくて困っている人がいる一方で、こんなふうに“常に彼氏が途切れない女子”がこの世には存在する。

彼氏いない歴を年々更新している女性からすると「なんであの子ばっかり?」と嫉妬と羨望を感じるけど、男性はそんな女性のことをどう思っているんだろうね。

ということで「付き合った人数が多い女性」に対する本音を聞いてみたよ。

Q.過去の交際人数が多い女性、彼女候補としてアリ?

はい:57.8%
いいえ:42.2%
※有効回答数230件

ほほう~。恋愛経験が豊富な女性を肯定する男性は、案外多い模様! 付き合った人数を気にしない派と気にする派、それぞれの本音を探ってみよう。

「付き合った人数が多い女性は彼女候補としてアリ」派

過去のことは気にしない

・「交際人数が多いか少ないかは、自分が付き合うかどうかに関して特に問題があることではないと思うため」(38歳/その他/クリエイティブ職)

・「女性の過去はあまり気にしないから。それよりも、相手に真摯に向き合う態度や性格、思いやりなどのほうが大事だと思う」(37歳/農林・水産/技術職)

うんうん、大事なのは過去より今! 経験人数や付き合った人数なんて気にしない。それより、今の自分をちゃんと想ってくれるかどうかだよね。

女性の場合、いくら自分のことを好いてくれていても、相手の交際経験がゼロだと付き合うのに躊躇することもある。「女の扱い方をわかっている男性のほうが何かと安心して任せられる」「男性にリードしてほしい」という理想があるだろうからね。

そういう意味では男性のほうが、デートのとき「こうされたい」「こうしてほしい」という願望があまりない分、相手の経験値にはあまり興味がないのかも。それよりも、目の前にいる女性と「この先どうなるのか?」のほうが気になるんだから(笑)。

付き合った人数が多い=魅力的な女性?

・「交際人数が多いのはそれだけ魅力的な女性ということです」(35歳/金融・証券/経営・コンサルタント系)

・「そこで差別はしない。逆に人間的に経験値が高い人だと感じる」(35歳/不動産/営業職)

女性の交際経験の多さを嫌がらない男性は、「経験がある」ということ自体に価値を見出してくれているのよね。いくつかの恋をして破れ、泣きはらしてきた女性は、涙の分だけ魅力的になっているはず。

恋愛だけじゃなく、仕事や人間関係も同じだよね。苦しみ悩みもがいてきたからこそ、スキルが身につくってもの。恋の酸いも甘いも知っている女性は包容力があるよ。

それに、そういう女性は相手に求める理想の条件やこだわりから解放されているから、どんな人にもやさしいの。だから、常に男性が寄ってくるんだろうね。

「付き合った人数が多い女性は彼女候補としてナシ」派

長続きするか不安

・「その人に何も問題はなかったとしても、少し身構えてしまう。長続きしなそうだという印象がついてまわってしまいそう」(24歳/その他/販売職・サービス系)

・「交際人数が多いと職歴と同じで、自分と長くいてくれるか不安に感じるから」(30歳/運輸・倉庫/その他)

なるほど。経験人数が多い女性だと、付き合っても長続きするかどうかが懸念されるというわけね。

恋愛経験が豊富な女性の多くは、社交的で人付き合いがいいから、彼女になっても「ほかの男に言い寄られているんじゃないか」「実は軽くて、すぐ別の男に乗り換えるんじゃないか」という心配は出てくるかもね。

男性は、恋愛において自分が傷つきたくないからこそ、最悪な状況を考えてリスクを回避する癖がついていることも。

ほら、クラスで一番人気の女子とか、美人でスタイルのいい女性にアタックしないで諦めてきた男性って多いでしょ。その女性に気持ちがあっても、自制することで自分のプライドを守るほうを優先しちゃったりするんだよ。

過去の男性と比べられたくない

・「人数の数ほど比較されるような気がするので」(38歳/情報・IT/技術職)

・「自分だけを見てほしい、過去の人と比べられたくない」(37歳/その他/クリエイティブ職)

おいおい、もっと自信を持っておくれよ~! と激励したくなるご意見だけど、その男心もよ~くわかります。

男性は、女性から「こんなのはじめて!」って言われたい生き物。「男は最初になりたがり、女は最後になりたがる」という言葉も(笑)。

男性が恐れているのは“ほかの男性と能力を比べられること”。彼女が経験豊富だと、これまで男性にされてきたことは察しがつく。デートプランを練っても、オシャレなお店に連れて行っても、あまり感激してくれなそうだしね。

「あ、このお店来たことある」「そうそう、ここって○○がおいしいんだよね」なんて彼女に言われたときには、メンツ丸つぶれ。男性にとって「ほかの男と同じ」というのは何よりも許せないことなのよ。

恋の教訓:過去は気にせず、今の彼を特別扱いしてあげよう!

もし、今まで付き合った人数が多かったり、恋愛黒歴史があったりしても、何も気にする必要なんてないよ。

ただ、意識してほしいのは「今の彼氏をてっぺんにすること」。

「今までこんなに誰かを想ったことがない」
「今までこんな経験したことがない」
「こんなこと、ほかの人にはしない」

……ということを、彼に伝えてあげよう。

男性は「自分は彼女にとって特別な存在なんだ」と思えば、いくら過去に何人彼氏がいようが、自信がつくんだから。

(文:神崎桃子、イラスト:タテノカズヒロ、構成:マイナビウーマン編集部)

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2018年12月20日~12月22日
調査人数:230人(22~39歳の働く男性)

神崎桃子(恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト)

「恋が続かない」「出会いがあってもいい人止まり」「結婚にたどりつけない」「男(女)に逃げられてしまう」「復縁したい」「絶賛不倫中」「婚外恋愛したい」「結婚生活がうまくいかない」など、男女問わず"恋愛初心者から上級者まで"あらゆるカテゴリの恋愛にフォーカスできる恋愛専門家。

これまで大手ポータルサイトに数々の連載コラムを寄稿、自ら経験して得た"恋の教訓"を各メディアから幅広い年代の読者に伝授してきた。

男女の思考回路の違いや男心女心を追求した記事は定評があり男性読者も多い。

著書には「なぜ女はこんなことで怒るのか ~不機嫌な彼女をなだめる10の掟~」(impress QuickBooks)、「恋愛サファリパーク~必要なのは女子力よりサバイバル力!」(すばる舎)、などがある。

恋愛映画のコメンテーター、ライター養成、文章セミナー、恋愛セミナーの講師としても活動中。"草食男子仕置人"としてダメンズたちに積極的に関わり、恋愛アドバイス等も行っている。

★「男と女のこと・色恋沙汰ならなんでもお任せ!」神崎桃子オフィシャルサイト
https://www.kanzakimomoko.com

コラムニスト神崎桃子Facebookページ
https://www.facebook.com/kanzakimomoko/

恋愛専門家コラムニスト神崎桃子「男と女のこと、恋愛事情ならなんでもお任せ!」
https://twitter.com/kanzakimomoko

恋愛事情専門家・神崎桃子~恋の教訓~
https://www.instagram.com/columnist_mk

この著者の記事一覧 

SHARE