お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

美容師が教える。実年齢より若く見える髪型とは

小林篤史(MINX銀座中央通り店)

髪型は見た目の印象を大きく変えるものです。髪型次第で実年齢よりもかなり若く見られることだってあります。女性なら実年齢より若く見られたいと思う人が多いのでは? そうした「若く見える髪型」はぜひ知りたいところですよね。そこで今回は、「若く見える髪型」について人気ヘアサロン『MINX 銀座中央通り店』のスタッフ・小林篤史さんに聞いてみました。

■老けて見えてしまう髪型の共通点

若く見える髪型を聞く前に、まずは「老けて見えてしまう髪型」について、特徴や共通点を聞いてみました。

◇老けて見られがちな髪型とは

たとえば、20代や30代の人が「ショートでくびれのあるハイレイヤー(頭の上側の髪は短く、下側は長くして髪に段をつけるカット)スタイル」をしたり、「顔まわりにしっかりシャギー(毛先をすいていくカット)の入ったスタイル」を用いたりすると、老けて見えるかもしれません。しかしどちらも年齢によってはとても似合うスタイルですから、「老けて見える髪型」というのは一概には言えません。

「これが老けて見られる髪型だ」と明言するのは難しいものの、たとえば似合っていないスタイルやあまりうまくないカットのスタイル、セ二ング(すきバサミ)を入れすぎているスタイルなどは、老けて見えやすいものです。また、ボサボサの髪や傷んでいる髪は、張りやコシのないチリチリとした髪の毛のように見えるため、これも老けて見える原因です。

前髪はちょっとしたことで印象を変えられるポイント。たとえば「ぱっつんの前髪」や奇抜な「ショートバング(前髪を眉上でカットすること)」などは若く見える前髪です。逆に、今はやりの「ちょっと長めのシースルーバング(束感のある前髪)」や「かき上げバング(かき上げた形の前髪)」などは大人っぽい印象を与えてくれます。スタイルによってできる前髪はちがいますし、顔の形によって似合う前髪は異なります。自分の髪型に合わせて、いろんな前髪にチャレンジしてみてください。

次ページ:20~30代にオススメの若く見える髪型

お役立ち情報[PR]