お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 ヘアスタイル

急に! シャンプーが泡立たない理由と解決方法

齊藤あき(美容師・毛髪診断士・美養研究家)

お風呂で髪の毛を洗っていて、いつもはモコモコと泡立つのに今日はなぜか泡立ちが悪いなぁ、なんて思うことがありませんか? 同じシャンプーを使っているのに急に泡立ちが変わると不安になりますよね。では、なぜ泡立ちが変わってしまうのでしょうか? シャンプーが泡立たない理由や解決方法を毛髪診断士の齊藤あき先生に聞いてみました。

シャンプーが泡立たない理由とは

シャンプーが泡立たない!? その原因とは

シャンプーが泡立たない原因として以下のことが考えられます。

(1)整髪料のつけすぎ

ヘアワックスやヘアスプレーなど、整髪料を塗布しすぎるとシリコーンや油分で髪がコーティングされ泡立ちが悪くなります。特に髪がしっかりと固まるタイプの整髪料ほど吸着力が高いので落ちが悪く、泡立ちも悪くなります。

(2)頭皮の汚れ、毛穴の皮脂づまり

頭皮がいつもより汚れていたり、頭皮に皮脂がつまっていることでも泡立ちが悪くなります。特に汗をかきやすい夏季や、運動をしたあと、また洗髪できない日が続いたりすると、皮脂分泌が多くなって頭皮や髪が汚れやすくなります。そのほか、睡眠不足や油分の多い食事などでも皮脂分泌が過剰になり、シャンプーがいつもより泡立ちにくいと感じることがあります。

(3)シャンプー前の予洗いが不十分

シャンプーをする前の予洗い(あらかじめお湯で髪を洗っておくこと)がきちんとできていないと、髪や頭皮の皮脂や汚れが落ちにくくなり、シャンプーの泡立ちが悪くなります。髪を濡らした際、頭皮もきちんと濡れていないと泡立ちは半減してしまいます。また、お湯の温度がぬるすぎても汚れの落ちが悪くなります。

(4)髪のダメージ

カラーやトリートメント、紫外線などによるダメージが原因の場合もあります。髪がダメージを受けるとキューティクルが開きやすくなり、水分やシャンプー剤が吸収されやすくなるため泡立ちが悪くなります。

(5)シャンプー剤の洗浄力が弱い

洗浄力が高いシャンプー剤から、優しい泡立ちが特徴のアミノ酸系のシャンプー剤に切り替えた場合に、泡立ちの悪さが気になることがあります。また、シリコーンやコンディショニング成分、油分などが入っているシャンプーも泡立ちが悪くなる場合があります。

次ページ:シャンプーを泡立たせる方法

お役立ち情報[PR]