お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキンケア

乾燥肌の原因は洗顔にあった!? 乾燥させない洗顔方法を解説!

遠藤幸子(エイジング美容研究家/美容ライター)

私たちの肌は、たとえお化粧をしなくてもホコリや汗などで汚れています。そのためスキンケアの最初のステップでは、汚れを落とすことが大切です。
しかし、乾燥肌の人が誤った方法で洗顔していると、肌の乾燥を加速させる恐れがあります。そこで今回は、肌を乾燥させないために知っておきたい乾燥肌の洗顔の方法を詳しく解説します。

■乾燥肌とその原因

乾燥肌に悩んでいる人はとても多く、美容研究家の筆者にも数多くの相談が寄せられています。冬は特に乾燥が深刻化するため、早めに対策をとることがオススメです。
そのためには、乾燥肌の原因を知って正しいスキンケアを行うことが大切です。今回は、洗顔方法を中心に乾燥肌を改善するためのポイントを紹介していきましょう。

◇乾燥肌とは

乾燥肌とは、肌のうるおいや水分が不足してカサついている状態の肌を指します。この状態の肌は、肌のバリア機能が低下し、外的刺激を受けやすくなっています。そのため敏感肌に移行しないように注意する必要があります。

また、肌が乾燥すると肌荒れを招きやすくなるほか、くすみやシワなどの肌老化を加速させる恐れがあります。そのためうるおいのある肌を取り戻すためにていねいで的確なスキンケアを心がけましょう。

◇乾燥肌の原因

乾燥肌を改善するためには、その原因を知ることが大切です。乾燥肌を招く原因のひとつは、加齢などによって皮脂の分泌量などが低下し、天然保湿因子も減少することなどがあげられます。年齢とともに乾燥が気になり始めたというケースが多いのは、こういった要因が関係しています。

また、ストレスや睡眠不足などによって肌代謝が乱れることや空気の乾燥、紫外線の影響を受けることも乾燥肌を招く要因となります。

このほか、誤ったスキンケアなどを行うことによって乾燥が深刻になってしまう場合もあります。洗顔のしすぎやメイクで粉物を多用することなどがその例で、知らず知らずのうちに誤ったケアなどを習慣にしているという人が多いようです。

そのため乾燥肌を改善するには、保湿を心がけるとともに乾燥肌を招く要因を取り除くことが大切です。

次ページ:乾燥肌の人のための正しい洗顔方法

お役立ち情報[PR]