お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「付き合う前のキス」はアリ? #恋の答案用紙

神崎桃子(恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト)

女性が気になる恋愛のアレコレを、男性たちに2択アンケート調査。結果をもとに、恋愛コラムニストの神崎桃子さんが男心を分析します。今回は「付き合う前のキス」にまつわるアンケート。

付き合っていない女性とキスするのはアリ?

女性は、「まだ付き合っていない男がいきなりキスをしてくる」なんて想定していないことがほとんど!

相手が自分のモロタイプだったりイケメンだったりしたらそんな妄想はするけど(可能性はほぼゼロなのに……)、男友だちなど身近な男性が“唇を奪ってくる”なんてことは考えてもみないもの。だからこそ、実際に不意打ちのキスに遭遇すると「え、なんで?」「私はそんなつもりじゃなかったのに」と困惑しちゃう。

「いやいや、そんなこと絶対ありえない! だってアイツは私のこと、女として見ちゃいないし……」なんて思っている女子のみなさん。たとえ付き合っていなくとも、あなたの唇はねらわれているかもしれませんよ。男性たちにアンケート調査してみました。

Q.付き合っていない女性とキスするのはアリ? ナシ?

アリ:50.3%
ナシ:49.7%
※有効回答数163件

「付き合っていない男性とのキスなんてありえない」と思い込んでいるのは、女性のほうだけ……。なんと約半数の男性は「付き合っていない女性とのキスはアリ」と回答! くわしい意見を聞いてみましょう。

「付き合っていない女性とキスするのはアリ」派

流れで、ふとキスしたくなるときはある

・「誰とも付き合っていないが、ふとキスしたくなる瞬間があるから」(34歳/情報・IT/技術職)

・「その場のノリでそうなってしまうかもしれない」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

理性でおさえていたって、「ついキスしたくなる」衝動に駆られるのが男の性。ぽってりとした色っぽい唇でなくとも、男性には“思わずそうしたくなること”があるの。特に2人きりなんて状況下だと、ブレーキが効かなくなってしまうことも……。

さらにお酒が入ってしまえば、普段隠している欲望が表面化しやすいもの。酔って開放感を得ることで、男の本能が目覚めてしまいます。飲んだあとの帰り道なんてそれはもう危険でしょう!

そこから進展するかもしれない

・「それが好きになる決定打になる可能性も否めない」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

・「そこから交際に発展するかもしれないし(彼女いない前提)」(29歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

男性は、ただキスだけがしたいわけじゃない! 期待しているのはキスから先のこと。「さらにコマを進められるのか」を、キスからジャッジしているのです。

そこから恋人関係に発展するにしても、遊び相手になるにしても、男性にとって重要なのは「相手が自分を受け入れてくれるのかどうか」。受け入れてもらえたら脈アリ! 拒まれたら脈ナシ! ……キスという行為は、男として見てもらえるかの判断材料になることもあるんです。

「付き合っていない女性とキスするのはナシ」派

キスは付き合ったあとにするべき

・「付き合ってもいないのにするのは、信用できない」(38歳/その他/その他)

・「順序を間違えてはいけない(戒め)」(31歳/情報・IT/技術職)

おおっ! これは、正統派男子による誠実な選手宣誓。「スポーツマンシップにのっとって、正々堂々と恋愛することを誓います!」……真剣交際を考えている男性なら、キスなんかしなくとも、はじめから「付き合ってください」と言えるのです。

世の中には「キスからはじまるから恋」もたしかにありますが、近道を選んでショートカットするよりも、ズルをせずに順序を踏むことこそ恋愛の王道でしょう。

面倒なことになりそう

・「場合によっては、後々面倒になることもあるので」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

・「信頼関係が浅いため、トラブルのもとになりかねないから」(23歳/商社・卸/販売職・サービス系)

狩猟本能が備わっているものの、今どきの男性は案外保守的! 自分からガツガツなんていけません。積極的になれないのは「荷が重いから」……ともいえるんだよね。さらに女性のほうが異常に焦っていたり、結婚に前のめりすぎたりすると、キスをするどころか2人きりになるのを避けることも。

ハッキリ言うと、年齢が上がれば上がるほど男性は躊躇するもの。“お試しの恋愛”などできないのです! 付き合う前に「面倒くさいことになりそう」と思われてしまえば、不意打ちのキスはまずないでしょう。

恋の教訓:男性は、付き合う前のキスで「その気にさせられるかも」という期待を抱いている!

その場のノリでキスすることもありますが、多くの男性は「キスが成功すればその先もうまくいくのではないか」……という考えを持っています(笑)。

付き合う前のキスはリスクが伴う行動ですが、キスというアクションを起こすことで“男と女”を意識させられるかもしれないからです。女からすると思いがけないアクシデントでも、彼のほうは「今以上の関係になりたい」「もっと親密になりたい」という期待があるのです。

そのキスがあなたにとってうれしいハプニングとなれば御の字ですが、あなたが彼にまったく好意を抱いていないなら、それは災難になるでしょう。

キスは、それができるようなシチュエーションを作らなければ防げる事故。自分の唇は自分で守りましょうね。

(文:神崎桃子、イラスト:タテノカズヒロ、構成:マイナビウーマン編集部)

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2018年9月25日~9月27日
調査人数:163人(22~39歳の働く男性)

神崎桃子(恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト)

「恋が続かない」「出会いがあってもいい人止まり」「結婚にたどりつけない」「男(女)に逃げられてしまう」「復縁したい」「絶賛不倫中」「婚外恋愛したい」「結婚生活がうまくいかない」など、男女問わず"恋愛初心者から上級者まで"あらゆるカテゴリの恋愛にフォーカスできる恋愛専門家。

これまで大手ポータルサイトに数々の連載コラムを寄稿、自ら経験して得た"恋の教訓"を各メディアから幅広い年代の読者に伝授してきた。

男女の思考回路の違いや男心女心を追求した記事は定評があり男性読者も多い。

著書には「なぜ女はこんなことで怒るのか ~不機嫌な彼女をなだめる10の掟~」(impress QuickBooks)、「恋愛サファリパーク~必要なのは女子力よりサバイバル力!」(すばる舎)、などがある。

恋愛映画のコメンテーター、ライター養成、文章セミナー、恋愛セミナーの講師としても活動中。"草食男子仕置人"としてダメンズたちに積極的に関わり、恋愛アドバイス等も行っている。

★「男と女のこと・色恋沙汰ならなんでもお任せ!」神崎桃子オフィシャルサイト
https://www.kanzakimomoko.com

コラムニスト神崎桃子Facebookページ
https://www.facebook.com/kanzakimomoko/

恋愛専門家コラムニスト神崎桃子「男と女のこと、恋愛事情ならなんでもお任せ!」
https://twitter.com/kanzakimomoko

恋愛事情専門家・神崎桃子~恋の教訓~
https://www.instagram.com/columnist_mk

この著者の記事一覧 

SHARE