お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキル

実は面接でNG!? 「尊敬する人」を聞く企業の思惑と好印象な答え方【例文付き】

藤井佐和子(キャリアアドバイザー)

採用面接で聞かれることの多い「尊敬する人は?」の質問。定番なので、事前に答えを準備しておきたい項目ですが、漠然としていて、どんな答え方が正解なのかわかりづらいですよね。一体、企業はどんなことを知りたくて尊敬する人を聞くのでしょうか。採用面接に詳しいキャリアカウンセラーの藤井佐和子さんに、企業の思惑や好印象な答え方について聞いてみました。ぜひ参考にして、面接に役立ててください。

■面接官が「尊敬する人」を聞くのはなぜ?

実は、厚生労働省では、採用面接で「尊敬する人」の質問をすることについて「配慮が必要」としています。それでも、企業が「尊敬する人」を聞くのはなぜでしょう。まずは、企業が面接を受ける人の何を知ろうとしているのかについて理解しておきましょう。

◇「尊敬する人」は実は面接で聞いてはいけない!?

厚生労働省では、面接を受ける人のプライバシーに関する質問を面接で聞かないよう配慮すべきとしています。これに当てはまるのが、宗教観や思想、支持政党、そして「尊敬する人」などです。公正な選考を行うため、そういったことで採用の合否を決めるのはNGとされていますが、あくまで「配慮が必要」とされているだけ。面接官が質問することについては、許されているのが現状です。

◇「尊敬する人」の質問から見えるあなたのこと

この質問で、企業側があなたの何を知ろうとしているのかは、以下のようなことです。

☆これまで受けてきた影響

面接をする側は、「尊敬する人」の質問から、履歴書に書かれている過去の肩書きや取得資格だけでなく、内面的なことも知りたいと思っています。たとえば経理経験5年や簿記2級といったスキルを持っている人が、そのキャリアを積む中で、どんな人からどのように影響を受けてきたのか。さらに、その影響をどんな風に自分のプラスにしてきたのか、というような、言ってみれば“内面的な履歴”を探ろうとしているのです。

☆明確なビジョンを持っているか

また、将来、「何ができるようになりたいか」だけでなく、「どのような人になりたいのか」ということを知るためにも、「尊敬する人」の質問が使われます。自分の目指す姿を持ち、それに向けてまい進できる向上心はあるか。さらに、目標達成意欲や気力なども見られています。

☆パーソナリティ

前述したように、厚生労働省では、面接を受ける人の能力や適性と関係のないプライバシーに関する質問には配慮が必要としています。しかし実際の面接では、「尊敬する人」を聞くことで、「どんな人なのか」を知る目安としています。それは、宗教や思想などではなく、どんな価値観の持ち主なのかを企業は知りたいのです。その人物を尊敬する理由は「思いやりがあるから」「リーダーシップがあるから」など答えは人によってさまざまですが、それはその人が何を大切にしているのかという価値観に通じています。そのため、「尊敬する人」を企業は面接の質問として使う傾向があるのです。

次ページ:女性が「尊敬する人」として答えやすい人物は?

お役立ち情報[PR]