お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 (PR)未来につながる仕事術

プロが教える! 転職の面接を成功させるコツ

沖圭祐(キャリアコンサルタント)

100%うまくいく面接のテクニックというものはありませんが、自分なりのベストを尽くして面接には臨みたいですよね。この記事では納得のいく面接にするためのポイントを一通り紹介していきたいと思います。

転職面接前に準備したいこと

面接前に準備しておきたいことはたくさんあります。身だしなみの確認や、持ち物の準備、そして面接で伝えたいことの整理など。ひとつひとつ確認していきましょう。

転職の面接にふさわしい服装や髪型とは

転職の面接でふさわしい服装や髪型はどのようなものでしょうか。服装と髪型それぞれについて解説していきますね。(清潔感は大前提です。)

服装

・スカートスーツが基本(営業職など活発さをアピールしたいのなら、パンツスーツもあり)
・リクルートスーツはNG(即戦力のイメージにつながらないため)
・スーツの色合いは黒、グレー、ネイビーなどのダーク系が基本(なるべく多くの人に受け入れられる色がベター)
・体型に合った服を選ぶ(早めに家で着てみて、サイズに問題はないか確認することが大切)

髪型

・カラーは黒が基本(なるべく多くの人に受け入れられる色)
・前髪がなるべく顔にかかわらないようにする(面接中に髪の毛をさわるようなことがあると、「集中力がない」と判断されるため)

転職の面接の際に用意する持ち物

面接に持参するといい持ち物もここで整理しておきましょう。

持ち物リスト

・かばん(派手すぎない、A4サイズの書類が入るもの)
・応募書類のコピー(履歴書・職務経歴書など)
・身分証明書(面接の場で事務手続きが必要になるケースもあるため)
・ペン、ノートなどの筆記用具(説明会などが同時に行われるケースもあるため)
・スケジュール帳(次の選考や入社日などを決める際に必要)
・腕時計(スマートフォンで時間を確認するのはNG)
・ハンカチ、ティッシュ
・身だしなみを整える道具(手鏡やメイク道具、ホコリ取り、口臭ケアアイテムなど自分自身で必要だと思うもの)
・スマートフォン(携帯電話)、財布などの必需品

さらに念のため、会場までの地図をプリントアウトしたものやモバイルバッテリー、応募先の電話番号と担当者名のメモなどがあると万全ですね。

印象のいい退職理由と志望動機

つづいて必ず準備しておきたい退職理由と志望動機についてまとめます。ここではいくつか回答例とその解説をしていきますね。退職理由も志望動機もポジティブな内容にして「また辞めてしまうのではないか……」という面接官の不安を払拭することが大切です。

退職理由

・「自分のやりたい仕事ではなく、部署異動も叶わないから」

今の職場で自分のやりたい仕事をやれるよう努力したかも問われるので、「部署異動願いを出した」などと伝えるのもいいですね。

・「自分の夢をあきらめきれなかったから」

新卒の時に第一志望だった業界に改めて挑戦する場合などに使うことができます。

退職理由と志望動機は連動しています。続いてその志望動機の例を確認していきましょう。

志望動機

・「御社で◯◯の仕事に携わりたいから」

その企業で携わりたい仕事について伝えるのがひとつのいい方法です。いきなり詳しく伝えるのではなく、最初は大まかに伝え、その後の会話のなかでより具体的に伝えるという方法がオススメ。会話を通じて自分の能力と仕事内容が合っていると伝えるのもいいですね。

・「自分が将来成し遂げたいことと御社がやっている事業が重なっているから」

将来のビジョンを伝えることも重要です。長期的なビジョンを描けている人は、長い間活躍してもらえそうだという安心感につながるからです。

退職理由や志望動機では熱意が問われますが、だからといって一方通行で話し過ぎないように注意しましょう。会話のキャッチボールのなかで自分の熱意を徐々に伝えていくのがオススメです。

次ページ:いざ転職面接へ!

みんなが読んでる人気記事 (PR)未来につながる仕事術