お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキンケア

美容研究家が教える! オイルクレンジングの上手な使い方

遠藤幸子(エイジング美容研究家/美容ライター)

多種多様なクレンジングの中から自分に合ったアイテムを選ぶには、それぞれの特徴を知る必要があります。今回は、美容研究家の遠藤幸子が、オイルクレンジングの特徴とその上手な使い方をご紹介したいと思います。

■オイルクレンジングとは

まずオイルクレンジングはどんなクレンジングなのか、ほかのクレンジングと比較しながらご紹介していきましょう。

◇オイルクレンジングって何?

オイルクレンジングとは、オイルタイプのメイク落とし。少しとろみのあるなめらかなテクスチャーで、落としにくいメイクをしっかり落とすという特徴があります。ほかのクレンジングと比較するともっとも洗浄力が高く、落ちにくいアイメイクもするんと落とすことができる傾向にあります。

一方、ミルクやクリームタイプのクレンジングは、比較的マイルドな使用感で保湿力もあります。しかし、オイルと比較して洗浄力が劣るため、ポイントメイクアップリムーバーが必要となります。リキッドやローション、バーム、ジェルタイプのクレンジングは、ミルクよりも洗浄力は高めですが、ラメが多いアイシャドウやウォータープルーフのマスカラなどが綺麗に落ちずに残ってしまうことがあり、こちらもアイテムによってはポイントメイクアップリムーバーが必要となります。

◇オイルクレンジングを使うメリット・デメリット

オイルクレンジングを使う上での最大のメリットは、しっかりメイクをスピーディにスッキリと落とせること。商品によっては、ポイントメイクも擦らずに落とすことができます。

しかし、その一方でダブル洗顔が必要だったり、洗浄力が高いことによって肌の乾燥を招いたりするデメリットも。そして、クレンジングの中では刺激が強い傾向にあります。そのため、常用するのではなく、しっかりメイクの時だけ使用し、日ごろはいくつかのクレンジングを所持しておくのが◎。その日のメイクや肌状態に合わせて使い分けるのがベストです。

次ページ:上手なオイルクレンジングの使い方

お役立ち情報[PR]