お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 生活

人見知りの人必見! 専門家が教える克服方法

織田隼人(心理コーディネーター)

「人見知り」の人は、初めて会う人に対してなかなかアクティブに話ができなかったり、自分が出せなかったりしますね。では、なぜこうした状態になってしまうのでしょうか? 今回は「人見知りになってしまう心理状態」や「人見知りの改善方法」について、心理コーディネーターの織田隼人さんに教えてもらいました。

人見知りとは?

まずは、「人見知り」とはどんな状態なのか織田さんに解説してもらいました。

人見知りとはどんな状態?

以下の3つのような状態を「人見知り」と言います。

(1)人としゃべろうとすると緊張してしまう

人見知りの人は、誰かとしゃべろうとすると緊張したり、恥ずかしくなったりしやすいです。どちらも「自分がどう見られているのかを必要以上に意識している」ので緊張したり照れたりしてしまうのです。また、その場での対応が終わっても、ひとりになったときに自分の対応の失敗などを思い出して恥ずかしくなったり、後悔したりすることがあります。

(2)よく知らない人に対応することにストレスを感じる

特に「自分がよく知らない人」への対応で、強いストレスを感じます。家族や毎日会うような友人、職場で毎日顔を合わせる同僚などと接することには疲労しませんが、知らない人と接していると極端に疲れたり、ストレスを感じたりします。

(3)人と話すのが面倒になる

人との会話に対して苦手意識を強く持っています。人との会話に苦手意識がなければ、たとえ会話が下手でも人見知りにはなりません。しかし人見知りの人は苦手意識が強いため、他人と話すことが面倒だと思ってしまうのです。

人見知りの心理

人見知りになってしまう女性には大きく3つのパターンがあります。

自分がどう見られているか必要以上に気にする

ひとつ目は、自分自身がどう見られているのかを過度に意識してしまう女性です。この場合、いつどこでも自分がどう見られているのかを気にし、少し会話に失敗するだけでも「失敗したー!」と反省してしまいます。これを繰り返すことで自己嫌悪に陥り、どんどん人と接することが苦手になってしまうのです。

人との会話をめんどくさいと思ってしまう

2つ目は、単純に会話が面倒だと考えるタイプの女性です。初対面の場合、どんな会話をすればいいのかわかりませんから、盛り上げたりするのも面倒ですよね。そうした「面倒くさがり」の部分が強い人は、初めて会う人に対して苦手意識を持っています。

自分の気持ちを口に出すのが苦手

そして3つ目は、自分が思っていることを口に出すのが苦手な人です。思っていることをズケズケと言える人は、そもそも人見知りにはなりません。人と接することでストレスがたまりにくいからです。自分の言うことを抑えてしまうタイプの人は、会話でのストレスを避けるために人見知りになりやすいです。

次ページ:人見知りを克服する方法

お役立ち情報[PR]