お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

イライラを抑える方法とは!? 日常に潜む原因と対処法

橘夢人

イライラはコントロールできる

イライラした状態が続くと自分自身も疲れてしまうので、できる限り避けたいものです。では、どう対処するのがいいのでしょうか。女性のみなさんがどうやってイライラを発散しているのか、イライラを抑えるためにどんな工夫をしているのかを聞いてみました。

イライラしたときの対処法

気分転換する

・「休憩をとったり、お菓子を食べて気分転換を図ったりする」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「音楽を聞いたり、好きな動画を見たりして気分転換する」(32歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

話を聞いてもらう

・「職場の同僚にイライラした原因をこと細かに話す」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「なるべく気にしないようにする。誰かに話を聞いてもらう」(28歳/金融・証券/営業職)

甘い物を食べる

・「好きな物を好きなだけ食べる。休みの日に甘い物を食べる」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「チョコレートなど甘い物を食べる。ストレッチする」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

受け止め方を変える

・「今日はそういう日なんだと言い聞かせて諦めたり、状況を楽しんだりして、気持ちを切り替えるように心がける」(27歳/小売店/販売職・サービス職)

・「何でこんなにイライラするんだろうと、自分の気持ちを分析して時間を置く」(27歳/医療・福祉/専門職)

体を動かす

・「音楽を聞いてジョギングやウォーキング、サイクリングなどをする」(32歳/農林・水産/その他)

イライラしたときの対処法としては、お酒を飲む、電話をする、音楽を聞くなど、自分の好きなことをして気持ちを切り替えるという人が大半でした。仕事中などで好きなことができない場合は、いったん休憩してコーヒーを入れる、お菓子を食べる、深呼吸するなど、短時間の休憩を挟んでリラックスするといいようです。一方、気にしないようにしたり、状況を楽しむように務めたりなど、受け止め方を変えることでイライラを抑えるという人もいました。

次ページ:「イライラしたら○○する」をたくさん用意しておく

お役立ち情報[PR]