お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

誰かに愛されたい。もしかして「愛されたい症候群」かも?

織田隼人(心理コーディネーター)

ひとりでは不安で、常に誰かの愛情を感じていたい。人間ならば多かれ少なかれ、そのような感情を持っているものです。

でも、その「愛されたい」という気持ちが強すぎるとしたら……、もしかしたら「愛されたい症候群」かもしれません。

心理コーディネーター・織田隼人さんに、愛されたい症候群とは何か、愛されたいと思う原因やその対処法、また、愛される方法について、くわしく教えてもらいました。

愛されたい症候群とは

人が愛されたいと思う理由は?

まず、生き物としての人を見ると「集団で行動する生き物」なので、誰かに頼ったり頼られたりして生きていくことが前提です。そして愛されたいという気持ちは、集団で行動する生き物にある本能的なものなので、ある程度はあって当然の感情です。

ただし、愛されたい気持ちが強すぎる場合は少し問題があるといえます。なぜなら、愛されることで自分の価値を示そうとしているため、「愛されたい気持ちが非常に強くなる」傾向があるからです。

「愛される」というのは結果です。自分の価値が先にあって、その結果愛されるもの。愛されることで自分の価値を示そうとするのは、順番が逆。そのためにどんどん疲弊していきます。

自分の価値を紙切れのように軽いものと感じ、自分の価値を示すために愛されようとがんばってしまう。しかし、がんばればがんばるほど、自分の価値を上げるための時間が失われてしまう、という悪循環に陥ってしまうのです。

そんな悪循環に陥っていると感じたら「愛されたい症候群」である可能性があります。

愛されたい症候群とは

愛されたい症候群は実際の病名ではなく、愛されたいと渇望する人が多くいることからこのような名前で呼ばれています。

愛されたい症候群とは、その名の通り誰かに愛されたいという思いが募ってあふれている状態を指します。

誰かに愛されていたとしてもその愛が自分にとっては足りない、と思った場合も同様です。愛されたい気持ちがエスカレートし、さらに愛されなければならないという思いになってしまいます。

誰かから「愛されたいと思う人」、そして誰かからの「愛を感じるのが苦手な人」や、「愛されている実感が長続きせずにすぐに愛されている実感をほしがる人」などが愛されたい症候群になりやすいです。

次ページ:今すぐチェック! 「愛されたい症候群」の特徴

SHARE