お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 出会い

誰かに愛されたい。そんなあなたは「愛されたい症候群」かもしれない

織田隼人(心理コーディネーター)

ひとりでは不安で、常に誰かの愛情を感じていたい。人間ならば多かれ少なかれ、そのような感情を持っているかもしれません。しかし、愛されたいと思っても愛されない、そんな人もいるのではないでしょうか。いったいどうしたら愛される女性になれるのか、男女の恋愛に詳しい心理コーディネーター・織田隼人さんに教えてもらいました。

■愛されたいと思う原因は?

まず、生き物としての人を見ると「集団で行動する生き物」なので、誰かに頼ったり頼られたりして生きていくことが前提です。そして愛されたいという気持ちは、集団で行動する生き物にある本能的なものなので、ある程度はあって当然の感情です。

ただし、愛されたい気持ちが強すぎる場合は少し問題があるといえます。なぜなら、愛されることで自分の価値を示そうとしているため、「愛されたい気持ちが非常に強くなる」傾向があるからです。しかし、「愛される」というのは結果です。自分の価値が先にあって、その結果愛されるもの。愛されることで自分の価値を示そうとするのは、順番が逆になっているため、どんどん疲弊していきます。

自分の価値は紙切れのようにペラペラ。だからこそ、自分の価値を示すために、愛されようとがんばってしまう。しかし、がんばればがんばるほど、自分の価値を上げるための時間が失われてしまう、という悪循環に陥ってしまうのです。

次ページ:「誰かに愛されたい」という気持ちを克服するには?

お役立ち情報[PR]