お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

恋愛下手からの脱却。「恋愛上手」になるための5つの方法

織田隼人(心理コーディネーター)

それなりにモテるのに長続きしなかったり、そもそもお付き合いにすら発展しなかったり。そんな「恋愛下手」の女性は多いのではないでしょうか。恋愛上手と恋愛下手は、きっと紙一重。ちょっとしたことで、恋愛上手になれるはずです。そこで、恋愛下手の女性が恋愛上手になれる方法を、男女の恋愛に詳しい心理コーディネーターの織田隼人さんに教えてもらいました。

■恋愛下手の女性の特徴とは?

恋愛下手の女性には、共通した特徴があるようです。まずはその特徴について解説します。

◇異性として意識しすぎる

家族や親戚といった異性として見ていない男性とは気軽に話すことができるけれど、異性として見てしまう男性に対して上手に話すことができない人は、恋愛下手であることが多いようです。そもそも、男性との会話に慣れていないので、相手の気持ちを理解できません。そのため、男性との会話に苦手意識を持ってしまうことも。また、苦手意識から男性を避けることで、さらに恋愛下手になるという悪循環に陥りやすくなります。

◇積極的に自分からアタックできない

恋愛上手な女性は失敗経験も豊富です。恋愛は一種の確率論のようなもので、うまくいくこともあれば、失敗することもあります。積極的に行動すれば失敗も増えますが、成功をひとつでもつかみ取れれば、恋愛は大成功と言えます。反対に、積極的にならなければ失敗することもありませんが、成功することもありません。ただ淡々と日々を過ごすだけになり、恋愛のチャンスを逃していると言えます。

◇自分がどう見られているか気にしてばかりいる

恋愛で大事なことのひとつが「自分を好きになってもらう」ということ。「相手が自分に興味があるのか」を気にしていても恋は進みません。相手に好きになってもらえるように行動することが、恋を前進させるために大事なことです。「私はあの人にどう思われているの?」「脈あり? それとも脈なし?」ということばかり考えていても、恋愛はうまくいきません。なぜなら、何も行動に結びついていないから。行動がなければ結果も生まれません。

次ページ:恋愛下手から恋愛上手になるための5つの方法

お役立ち情報[PR]