お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 不調

夏バテに効く食べ物6選! 簡単レシピを管理栄養士が解説

園部裕美

01

「毎日暑くて夏バテ気味。なんだか食欲が出ない……」という人も多いかもしれません。でも、だからといって食事をおろそかにすると、ますます体力が落ちるという悪循環に陥ってしまいます。今回は夏バテに効く食べ物と、その食材を使った簡単レシピについて、管理栄養士の園部裕美さんに教えていただきました!

■夏バテの症状と原因

そもそも「夏バテ」とはどんな状態で、何が原因でなってしまうのでしょうか。園部さんに聞いてみました。

◇夏バテは病気じゃない?

園部:夏バテとは、夏の暑さによって現れるさまざまな症状のことです、実は、特定の原因や症状があるはっきりした病気ではありません。暑さによって「なんとなく体調が悪い」「寝ても疲れがとれない」「やる気が起きない」「食欲がない」「熱っぽい」「立ちくらみがする」「便秘になった」などの症状を「夏バテ」と呼びます。

◇夏バテの原因

園部:実は、夏バテになるのは夏の時期だけではありません。夏が終わって秋になっても、暑さが残っていたり、夏の暑さの影響が遅れて体の症状として出ることがあります。暑さによる高い気温や、強い日差しが体に影響を与えるのです。主に身体の不調を引き起こす原因としては、以下の3つが挙げられます。

☆強い日差しによる疲労

日中の炎天下では、体内の活性酸素が増加して、疲労がたまりやすくなります。また、強い日差しは体力を奪い、夏バテの症状につながります。

☆自律神経系への影響

日本の夏は、温度、湿度とも高いのが特徴です。人の体は暑さに合わせて体温を調節しますが、気温の変化が激しいと体温調節機能に負担がかかります。例えば、急に暑くなったり寒くなったりする梅雨の季節や、冷房の効いた室内と暑い屋外の移動などです。人間は自律神経で体温調節を行っているため、自律神経が乱れて、体調を崩しやすくなります。

☆熱帯夜の睡眠不足

夜になっても気温が下がらず、寝苦しい環境が続くと睡眠不足につながります。日中の疲れを取るためにも、しっかり眠ることは健康に欠かせない要素でもあります。睡眠不足は夏バテに大きな影響を与えると言えるでしょう。

次ページ:夏バテに効く食べ物6選

お役立ち情報[PR]