お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

【FP監修】夫婦二人暮らしの平均生活費と理想額

石川福美(トータルファイナンシャルアドバイザー)

夫婦二人で暮らしている人の中には、理想の「生活費」はいくらなのか、気になる人も多いのでは?

そこで夫婦二人でかかる生活費の平均と理想について、FPの石川福美先生に解説していただきました。

夫婦二人でかかる平均生活費って?

rf71176859_o

まずはじめに、夫婦二人でかかる生活費の平均額について見ていきましょう。20代夫婦と30代夫婦では収入に差があると思うので、年齢でラインを引き、それぞれにかかる生活費について教えてもらいました。

(1)20代・30代別「夫婦二人でかかる平均生活費」

一般的に、管理職の割合が多い30代の方が、20代よりも世帯収入が増えるため、生活費に充てられる金額も多い傾向にあります。

<ひと月の平均所得額>
20代夫婦:25.08万円 30代夫婦:45.94万円

<ひと月の平均生活費>
20代夫婦:24.86万円 30代夫婦:27.13万円

※所得金額とは、給与より控除が差し引かれた金額です
※生活費は「住居費」を含んだ額となります

(2)20代・30代夫婦の「生活費内訳」

次に各生活費の内訳について見ていきましょう。

※生命保険文化センター<総務省「家計調査年報」(世帯主年代別 2人以上の勤労者世帯)>を参考に作成

20代夫婦と30代夫婦の生活費内訳を比べてみると、住居費と交通費・通信費以外は30代夫婦のほうが多いことがわかりました。

特に注目してほしいのが、30代夫婦の「食費」と「教養娯楽費」です。

20代夫婦と比べると、食費は1.45万円、教養娯楽費は約0.99万円、それぞれプラスになっています。

次ページ:「夫婦の生活費」理想額

お役立ち情報[PR]