お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 女性の身体

バストアップが期待できるツボ&押し方のポイント

美月綾乃

バストアップが期待できるツボの場所&押し方

ツボ押しがバストアップに効果的な理由がわかったところで、さっそく具体的な方法について見ていきましょう。美月さんに、バストアップが期待できるツボの位置と押し方について教えてもらいました。

壇中(だんちゅう)

女性ホルモンの働きを促すツボです。精神的な疲れやストレスにも効きます。

ツボの場所

%e5%a3%87%e4%b8%ad%ef%bc%88%e3%81%a0%e3%82%93%e3%81%a1%e3%82%85%e3%81%86%ef%bc%89

左右の乳首を結んだちょうど中央に位置します。

押し方

(1)ツボの上に両手の中指を添える程度にそっと置き、息を吸う
(2)吐くときに、グーッと痛くない程度に3秒押す
(3)(1)~(2)を10回行う

天溪(てんけい)

乳腺の発達を促すツボです。胸が小さい方、胸のハリがなく垂れてきた方は、天溪を押して、バストアップを目指しましょう。

ツボの場所

%e5%a4%a9%e6%ba%aa

左右それぞれの乳首から外側にまっすぐ向かい、バストの端にあるツボです。肋骨の間にあり、押すと響きます。

押し方

(1)左右のツボの上に親指をそっと置き、息を吸う
(2)息を吐く時に、胸の内側、斜め上にむけて5秒かけてグーッとイタ気持ちいい程度に押す
(3)5秒かけて圧力を緩める。(1)~(2)を10回繰り返す

淵腋(えんえき)

乳腺の働きに深く関わるツボです。バストアップ効果があるほか、血行が促進され、バストに栄養を届けやすくします。

ツボの場所

%e6%b8%95%e8%85%8b

乳首から、約10センチほど外側、体の側面上、脇の下に位置するツボです。肋骨と肋骨の間にあり、押すと響くのでそれを目安に見つけましょう。

押し方

(1)左右のツボの上に親指を置き、息を吸う
(2)息を吐く時に3秒グーッとイタ気持ちいい程度に押していく
(3)(1)~(2)を10回繰り返す

乳根(にゅうこん)

女性ホルモンの分泌を促進させるツボです。痩せ型タイプ、生理不順タイプはしっかり押しましょう!

ツボの場所

%e4%b9%b3%e6%a0%b9

乳頭からまっすぐ下に指2本分降りたところ、バージスライン(お腹部分とバストの境界線部分)より上にあります。

押し方

(1)左右のツボの上に中指を、ツボ下の筋肉(筋膜)の上に薬指と小指を置く
(2)中指でツボを3秒ほど押す。このとき薬指と小指も筋膜を押して刺激する。筋膜を刺激して緩めることで、胸のハリがでやすくなります
(3)(1)~(2)を10回繰り返す

中府(ちゅうふ)

バストのリンパの流れを良くし、ハリを出すツボです。ここを刺激すると、母乳の出がよくなることでも有名です。パソコンを使って仕事をする機会の多い現代女性は、肩が上がった姿勢になりやすく、これにより大胸筋が硬くなり乳腺の発達が妨げられてしまいます。中府を刺激することで、バストアップ効果が期待できます。

ツボの場所

%e4%b8%ad%e5%ba%9c%ef%bc%88%e3%81%a1%e3%82%85%e3%81%86%e3%81%b5%ef%bc%89

鎖骨(外側端)の下、くぼみから親指分下がった位置にあります。肩を上げると、三角に凹む場所です。押すとイタ気持ちいいのが特徴です。

押し方

(1)左右のツボに人差し指、中指、薬指を置く
(2)ゆっくり円を描くようにマッサージし筋肉を緩める。呼吸に合わせてツボを5秒押す
(3)上記を10~20回行う

次ページ:ツボを押す際のポイント&注意点

お役立ち情報[PR]