お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 不調

足が臭いっ……! 医師に聞いたニオイの原因と改善する方法

山下真理子

自分の足の臭さにビックリした経験のある人は多いのでは? もし、気になる人とのデートで、靴を脱がないといけない場面に遭遇したら……。彼に「足が臭い」ことがバレる前に、きちんとニオイ対策をしておきたいですよね。そこで今回は、足が臭い原因と改善する方法を山下真理子先生に解説してもらいました。

wood-feet-summer-dress

■足が臭い原因って?

まずは、足が臭い原因について、山下先生に解説してもらいました。

pexels-photo-267229

◇足の汗は無臭!?

知らない人も多いと思いますが、本来足は無臭です。足の裏は「エクリン腺」という汗腺が集中しているので、汗を多くかきます。しかし、エクリン腺から出る汗自体にニオイはありません。では、なぜ足が臭くなるのか、次に、ニオイの原因についてご紹介します。

◇足の雑菌が原因

足の臭いは、足の皮脂や、皮膚・爪の汚れを餌に繁殖した雑菌から出る排泄物の腐敗が原因。特に、「白癬菌」という菌が悪臭の原因になると言われています。

◇靴が原因

臭いの原因菌は、高温多湿の環境でより繁殖するため、湿気の多い夏場は注意が必要です。通気性の悪い靴を長時間履くことで、臭いが加速してしまう場合があります。革靴や足が全部おおわれたタイプの靴(パンプスやスニーカーなど)は注意してください。同じ靴ばかり履く人や、朝から夜まで同じ靴を履きっぱなしの人も気をつけましょう。

また、サイズの合っていない靴を履くこともニオイの原因になります。サイズが小さい場合も大きい場合も、足にとってストレスなので、発汗を促すことも。その結果、足が臭くなります。

◇靴下が原因

寝るまで同じ靴下を履いたままという人も、同じ靴を履きっぱなしでいるのと同じ。靴下で足が密閉状態になることで、雑菌の繁殖しやすい環境をつくってしまっています。

◇ストレスが原因

ストレスがあると、自律神経が乱れて、足の裏に大量の汗をかき、雑菌が繁殖します。また、足の角質などをエサとする常在菌が増えて、ニオイの原因に。ほかにも、ストレスにより活性酸素が増加すると、ますます雑菌が繁殖しやすくなります。

◇病気の可能性も……!?

「白癬菌」という菌は、汗などをエサに繁殖し、老廃物を排出します。これが、足の臭いの原因です。白癬菌が皮膚の角質層に侵入して繁殖することで、いわゆる「水虫」の原因になります。皮膚に白癬菌が付着するだけでは水虫にはなりませんが、足を不潔にしておくと、汗や古い角質が足の裏に溜まってきて、白癬菌の繁殖環境をつくってしまいます。また、傷ついた皮膚から白癬菌が侵入しやすくなります。

お役立ち情報[PR]