お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 ボディケア

美容のプロが教える! 「二重あご」の原因と解消法

小林麻利子

「二重あごのせいで太って見られがち」「あごのラインが気になる」……など、そんな風に悩んでいませんか? 今回は二重あごの原因や解消法について、生活習慣改善サロンFlura主宰・小林麻利子さんの解説を元に紹介します。

顎

■二重あごをつくる原因4つ

まずはじめに、二重あごができる原因について探っていきましょう。小林さんによると、
二重あごができる原因には、大きく「肥満」「たるみ」「姿勢」「むくみ」の4つがあるのだとか。なかでも「姿勢が悪い」ことが原因で二重あごになっている人はほとんどだそう。詳しく見ていきましょう。

二重顎

◇(1)肥満が原因

顔周りに肉がつくと、「二重あご」になります。皮下脂肪の蓄積が原因なので、ダイエットをして減量したり、あごや首周りの筋肉を鍛えることで解消できます。

◇(2)たるみ

あごの周り、表情筋、舌の付け根など……、加齢により衰えた筋肉はやがて垂れて「二重あご」になります。このケースも先ほどと同様、あご周りの筋肉を鍛えればある程度改善できます。

◇(3)姿勢が悪い

ストレートネック=けい椎(首の背骨)の湾曲不足が原因で二重あごになる人もいます。けい椎は本来、横から見たときは前へS字カーブを描くように積まれていますが、頭が前に突き出すことによって前へのカーブがなくなり、骨がまっすぐに積まれた状態になってしまいます。

この姿勢に慣れると、首の前に余分な脂肪が蓄積し、「二重あご」になります。「痩せているのに二重あご」だという人は、姿勢の悪さが関係しています。

◇(4)むくみ

フェイスラインがむくんで二重あごになることもあります。リンパの流れが悪いと老廃物がうまく排出できずにその部分が「むくみ」となって膨れるためです。

次ページ:あごがほっそり! 二重あご解消法

お役立ち情報[PR]