お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

医師に聞く! デリケートゾーンがかぶれる原因と対処法

今井愛

かぶれたときの対処法

かぶれてしまったときの対処法はあるのでしょうか? セルフケアと病院での治療の両面から、今井先生に解説してもらいました。

pexels-photo-206285

セルフケア方法は?

市販の「デリケートゾーン専用のかゆみ止め薬」を塗ってみましょう。また洗う際は、刺激を与えないようにボディソープなどは使わず、お湯のみでやさしく洗いましょう。汗をかいたらこまめにシャワーを浴びたほうがいいのですが、なかなかそういうわけにもいかないですよね。したがって、ウォシュレット等を使ってデリケートゾーンを清潔に保つのも自身でできるケアのひとつです。

病院での治療は?

市販のかゆみ止め薬を塗っても効かない場合は病院へ。病院では、抗ヒスタミン剤の外用薬を処方します。生理中はなるべく避け、皮膚科もしくは婦人科を受診しましょう。

我慢できないほどのひどいかゆみが発生した場合やおりものに変化が見られた場合は、感染症の疑いもあるのですぐに医療機関を受診してください。また、高齢になると外陰がんの可能性も出てきます。ただ若い方が発症することはごく稀なので、極度に恐れる必要はないですよ。

次ページ:デリケートゾーンのかぶれを防ぐには?

SHARE