お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 女性の身体

お酒に酔わない飲み方~お酒にまつわるウソ・ホントを解明~

古川真依子

お酒の酔わない飲み方

03

お酒を飲んで酔うのは、アルコールが脳を麻痺させるからだとわかりました。それでは、お酒を飲んでも酔わないようにする方法はあるのでしょうか。お酒を飲むタイミングごとに、対策方法を解説します。

お酒を飲む前にすべきこと

古川:アルコールを急激に摂取すると、酔いが進みやすくなって悪酔いや二日酔いの原因となります。酔いを防ぐために、空腹の状態で飲酒をするのは避けましょう。具体的には、脂肪分を多く含むバター類、チーズなどの摂取が効果的です。また、ドレッシング(ノンオイルでないもの)をかけたサラダを食べてもよいでしょう。コンビニなどで売られている栄養ドリンクを飲むのも効果的です。

お酒を飲んでいるときにすべきこと

古川:お酒を飲む時は、以下のポイントに気をつけてください。

酔いにくいお酒の種類と飲み方

アルコール度数の低いお酒をゆっくりと飲んでください。水やお茶で割って飲んでもよいです。逆に、お酒を一気飲みしたり、ロックやストレートなどで飲むと酔いやすくなってしまいます。

酔いにくいおつまみ

アルコールの吸収をゆっくりにするためには、脂肪分が重要です。チーズ、揚げ物、脂の乗った魚や肉などがよいでしょう。

酔いにくい行動

摂取したアルコールと同じくらい水を飲んで、トイレは我慢せずに行きましょう。また、食事や会話も楽しみながら、ゆっくりと飲むようにしてください。

お酒を飲み終わったあとにすべきこと

古川:まずはしっかりと水分を摂ることです。二日酔いになる原因の一つに脱水症状があります。アルコールそのものに利尿作用があるため、アルコールを飲めば飲むほど体から水分が失われてしまいます。睡眠前にしっかり水分補給をしておけば、脱水症状を防いで二日酔いを予防できます。

次ページ:酔ってしまったときの対処法

お役立ち情報[PR]