お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 ダイエット

【管理栄養士監修】ダイエット中でも食べたい! パンの太りにくい食べ方

関口絢子

01

パンはお米と違ってさまざまな材料が使われているため、ダイエット中の食事には向かないと言われていますよね。でも、パン好きな人にとって、ダイエット中にパンを我慢するのはつらいもの。もしダイエット中にパンを食べたくなったら、どんな種類のパンをどんな方法で食べればいいのでしょうか。管理栄養士の関口絢子さんに教えていただきました。

 

■ダイエット中のパンの選び方

03

パンには小麦粉、バター、砂糖といったさまざまなものが使われていて、人によっては不調の原因となることがわかりました。それでも、ダイエット中にどうしてもパンが食べたくなってしまった場合、どんなパンを選べばいいのでしょうか。ダイエット中におすすめのパンと、避けたほうがいいパンについて聞いてみました。

◇ダイエット中におすすめのパン

関口:グルテンやアミロペクチンの弊害を考えると、小麦粉が少ないパンがおすすめです。具体的には以下のようなパンがよいでしょう。

☆太りにくいパン

・大豆粉のパン(低糖質パン)
・お米のパン(米粉パン、玄米粉パン)
・脂質や糖分が少ないパン(バゲットなど)

また、ふんわりとして柔らかいパンよりも、固めのハードパンのほうが噛み応えがあるので、そしゃくの回数が増えて満足感が得られやすいです。

◇ダイエット中は避けたいパン

関口:ダイエット中は特に高糖質、高脂質のパンは避けるようにしましょう。具体的には以下のようなパンです。

☆太りやすいパン

・デニッシュ(417kcal)
・クロワッサン(488kcal)
・メロンパン(366kcal)
・カレーパン(321kcal)
※文部科学省「食品成分データベース」より

例えばコンビニなどで見かけるメロンパンは、ふんわりと軽く、ペロッと食べられますが、1個当たり300~400キロカロリーもあります。見た目以上にカロリーが高く、唖然としてしまいますよね。

次ページ:ダイエット中のパンの食べ方

お役立ち情報[PR]