お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 ダイエット

【管理栄養士監修】ダイエット中でも食べたい! パンの太りにくい食べ方

関口絢子

01

パンはお米と違ってさまざまな材料が使われているため、ダイエット中の食事には向かないと言われていますよね。でも、パン好きな人にとって、ダイエット中にパンを我慢するのはつらいもの。もしダイエット中にパンを食べたくなったら、どんな種類のパンをどんな方法で食べればいいのでしょうか。管理栄養士の関口絢子さんに教えていただきました。

■パンがダイエットに向かない理由

02

パンとはそもそもどんな食べもので、なぜダイエットに向かないと言われているのでしょうか。関口先生に聞いてみました。

◇パンの成分

関口:パンとは、小麦粉の中でも「グルテン」というたんぱく質が多い強力粉に、水、酵母菌、塩などを加えて練り、発酵させて焼いたもの。栄養的にはほとんどが炭水化物となります。パンは種類によって、バターやマーガリンなどの脂質が多いもの、砂糖やドライフルーツ、ナッツ類を加えたもの、中に具材を入れて焼いたものなど、さまざまな形状やバリエーションがあります。ご飯に比べて脂質や糖分、塩分が多く、カロリーも高めです。

◇パンが体に与える影響

関口:パンの原料となる小麦粉には「アミロペクチン」というでんぷんが含まれていて、アミロペクチンは血糖値を急上昇させることがわかっています。血糖値が上がるとインスリンが分泌され、糖を脂肪細胞に取り込む働きが促進されます。そのため、パンはご飯よりも太りやすい食べ物だと言えるのです。

また、小麦粉のたんぱく質であるグルテンには中毒性があるとも言われており、異常な食欲が出てきたり、依存性があって食べ過ぎてしまうこともあるようです。また、グルテンは腸壁を傷つけ、アレルギーや腹痛といったさまざまな不調をもたらすとも言われています。「セリアック病」というグルテンアレルギーによる病気も知られるようになってきました。パンはカロリーが高いというだけでなく、このような不調の原因となる可能性があることも、知っておいてください。

お役立ち情報[PR]