お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

気持ちが冷めたの!? 女子が不安になる「彼の対応」5つ

ファナティック

takebe160224000i9a0460_tp_v-32付き合い始めの頃と比べると、どうも彼の対応がそっけない気がする……。そんなときは彼の気持ちが冷めてしまったのでは? と不安になってしまいますよね。今回は女性のみなさんに、「彼の気持ちが冷めたのかな?」と不安になった瞬間について聞いてみました。

■返答に自分の意志がないとき

・「デートの予定を計画しようとすると、『別になんでもいいよ』と言われる」(30歳/機械・精密機器/営業職)

・「対応が適当になってきたとき」(33歳/学校・教育関連/技術職)

・「そっけない返事をされたとき」(25歳/医療・福祉/専門職)

本来は、2人でああでもないこうでもないと言いながら、予定を立てるのが楽しいはずなのに近頃は完全に自分任せ……。疲れているだけかもしれませんが、そんな状況では気持ちが冷めたと感じるのも無理はありませんね。

■心ここにあらず

・「一緒にいても、ちがうことを考えている時間があるとき」(26歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「テレビに夢中になっているとき」(24歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

・「遊んでいても楽しそうにしないとき」(28歳/医療・福祉/専門職)

何を話しかけても、何をしていても、まるで完全にちがう空間にいるような彼の態度……。まさか、ほかに気になる人でもできたのかな? なんて疑ってしまう女性も少なくなさそう。

■反応が悪い

・「私のLINEへのレスポンスが遅くなった」(28歳/情報・IT/事務系専門職)

・「メールをしても、なかなか返信がなかったとき」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「『次いつ会う?』とLINEしても、既読スルーされたとき」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

以前はすぐに返信してくれたのに、だんだんとその間隔が長くなり、しまいには既読スルーされるという悲しい経験をした人もいるようです。付き合い始めた頃とのギャツプが激しいほど、不安になる気持ちも大きいのではないでしょうか。

■友だち優先

・「私の予定よりも、仲間との会を大切にされたとき」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「私と休みがかぶる日に、友だちと遊びに行くと言われたとき」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

男同士の付き合いが大切なのはわかりますが、そんなことが立て続くと、自分との時間をないがしろにされているような気分になってしまうかも。男友だちのことを大切にできる男性は魅力的ですが、いざ、誘いを断られる彼女の立場になってみると複雑な心境ですね。

■放任主義になった

・「飲み会に参加しても、やきもちをやいてくれなくなった」(30歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「私の言動に興味がないという反応を見せたとき」(25歳/その他/事務系専門職)

・「束縛が緩くなった」(29歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

以前は何かにつけ彼女の行動を気にしていたのに、いつの間にか単独行動が多くなる。それぞれが自立した大人として行動しているのなら、問題はありませんが、彼女への興味のなさからそのような行動をとっているのなら考え物ですね。

■まとめ

このような言動が見られたからといって、必ずしも気持ちが冷めたとは限りません。彼女がいるという安心感や慣れから、フリーのときのような感覚に戻ってしまうこともあるでしょう。早合点して悩まずに、まずはしっかり彼とコミュニケーションを取ることが大切なのかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年3月にWebアンケート。有効回答数145件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]