お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 妊娠・出産

【妊娠出産のウソ&ホント】トイレでいきみすぎると赤ちゃんが出ちゃうってホント?

尾西芳子

将来妊娠したい、したくないに関わらず、妊娠・出産は未知の世界。出産未経験の女性たちが感じている妊娠・出産にまつわる素朴なギモンについて、産婦人科専門医の尾西芳子先生がわかりやすく教えてくれます。ウソかホントかわからない情報に惑わされずに、正しい知識を身につけましょう!

以前、この連載の中で「お産のときに便も一緒に出てしまう頻度は高い」との話がありました。そうなると気になるのは、「妊娠中にトイレで便をする際、いきみすぎると赤ちゃんが出てきてしまうのでは?」ということ。もしそうなら、トイレに行くのが不安になりますが、実際のところはどうなのでしょうか。今回はそんなトイレでのいきみにまつわるウソ&ホントに迫りました!

■本日の「ソボクな疑問」

Q.トイレでいきみすぎると赤ちゃんが出ちゃうってホント?

istock-182809259<読者の声>

・妊娠初期にトイレでいきむと出てくるのではないかと不安。(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)
・排便のいきみと出産のいきみはどうちがうのか知りたい。(30歳/その他/販売職・サービス系)
・母が出産のときに便なのか赤ちゃんなのかわからなかったと言っていたから、トイレで変な力が加わったら産まれるかもしれないと思った。(30歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)
・陣痛がきていなければ、赤ちゃんが出てくることはないと思っていますがちがうのでしょうか。(25歳/その他/技術職)

■尾西先生のアンサーは!?

ウソ答えは……
ウソです!

トイレでいきむだけで赤ちゃんが出てきてしまったら大変です。基本的に、“正常に”妊娠生活を送っている限りは、トイレでいきみすぎても赤ちゃんが出てくることはありません。

ただ、直腸や肛門は産道のすぐうしろにあり、出産時に赤ちゃんの頭が下がってくると直腸や肛門も圧迫されるため、排便したい感じがすることはよくあります。排便感はしゃっくりなどと同じく“反射”で、自分で止められませんから、自然といきんでしまい、その流れで分娩が進むことも。

また、出産のいきみと便意は同じ感覚なので、赤ちゃんが下りてきているのを便意と勘違いしていることも多々あります。それに、たとえ便が出てしまったとしても2~3cmくらいのうさぎのウンチ程度ですし、私たちは慣れているので、気にする必要はありませんよ。

とはいえ、これらはあくまで臨月の妊婦の話ですから、妊娠初期はもとより、長い妊娠期間中に起こることではないので、ご安心ください。ただし、冒頭で「“正常”に妊娠生活を送っている限り」と言ったとおり、例外はあります。それは、普段は固く閉じている子宮の入り口が緩んでしまう「切迫早産」の状態になっている人です。

切迫早産は、ひどい人であれば、下から診察すると、まだ妊娠8カ月にもかかわらず赤ちゃんが入っている袋=「胎ほう」が出かかっていることが……。そういう状態だと、トイレでいきむことで赤ちゃんが出てきてしまう危険性もあります。そのため、切迫早産の診断が出た方は絶対安静で入院することになります。

なお、妊娠中は便秘になりやすく、毎回トイレで強くいきんでいるとおなかが張ったり、それこそ切迫早産の原因になったりする可能性もあります。そうならないためにも、ヨーグルトやみそといった発酵食品を摂ったり、運動をしたりするなどして、普段から便秘解消には努めておきたいところ。それでも出ないようなら、妊娠中も安全に使える薬があるので、医師に相談するようにしましょう。

(監修:尾西芳子、取材・文:ヨダヒロコ、撮影:masaco)

※次回の更新は3月11日(土)です。お楽しみに!