お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 妊娠・出産

【妊娠出産のウソ&ホント】お産のとき、便も一緒に出るってホント?

尾西芳子

将来妊娠したい、したくないに関わらず、妊娠・出産は未知の世界。出産未経験の女性たちが感じている妊娠・出産にまつわる素朴なギモンについて、産婦人科専門医の尾西芳子先生がわかりやすく教えてくれます。ウソかホントかわからない情報に惑わされずに、正しい知識を身につけましょう!

赤ちゃんの通り道=産道は、便の通り道のすぐそばにあります。赤ちゃんを外に出してあげるにはいきむ必要がありますが、「分娩中に便も一緒に出てしまったらどうしよう」と心配になる人も多いようです。では、実際のところ、便も一緒に出てしまうものなのでしょうか。今回は、そんなお産中の便にまつわるウソ&ホントに迫りました!

■本日の「ソボクな疑問」

Q.お産のとき、便も一緒に出るってホント? 

<読者の声>

・立会い出産を希望しているので少し不安。(24歳/医療・福祉/専門職)
・出てしまうと聞いたことがある。恥ずかしいのでそれは避けたい。避けられるものか知りたい。(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)
・助産師さんが肛門を押さえてくれると聞いた。(28歳/医療・福祉/専門職)
・いきんじゃうと、トイレに行きたくならないか不安。(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
・分娩台にあがる前にあらかじめ浣腸とかで出し切っておくと聞いた。(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

■尾西先生のアンサーは!?

答えは……
ホントです!

全員が全員というわけではないですが、赤ちゃんを産む際はおなかに力を入れて“いきむ”わけですから、便も一緒に出てしまう頻度は高いです。

もしかするとバナナのような便が出てくると勘違いされている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。いきむときは、すでに赤ちゃんの頭は骨盤の出口いっぱいまで下りてきているので、いくら便がたまっていても、そのスキマを縫ってまで大量に出てくることはないです。出たところで、2~3cmくらいのうさぎのウンチ程度。しかも私たちがこっそり拭き取っていますし、慣れていることですので、恥ずかしいなど気にする必要はありません。「立会い出産を希望していて不安」という声もありましたが、ご主人も必死の状態にありますし、妊婦の頭側にいますので、便に気づかないことがほとんどです。

また、「いきんじゃうと、トイレに行きたくなるのでは?」と心配されている方もいますが、いきみは便意と同じ感覚なので、勘違いしているだけです。赤ちゃんが下りてきている証拠ですので、ご安心ください。

ただ、「助産師が肛門を押さえてくれる」というコメントですが、これは便が出ないようにしているわけではありません。実は、いきみが強いと、便どころか腸が出てきてしまう人がいるので、それを避けるために押さえています。それから、赤ちゃんの頭が下りてくるとどうしてもいきみたくなるのですが、子宮口が全開になるまではいきむのをがまんしなくてはなりません。肛門を押さえると、そのつらさがマシになるという理由もあります。

どうしても便が出るのが嫌なら、先に浣腸をしてもらえるように分娩前から助産師さんに相談しておくのはアリだと思います。というのも、昔は事前の浣腸があたりまえでしたが、今はしないところのほうが多いからです。

ただし、浣腸はあくまで腸の出口近くに来ているものを出すだけで、体内にあるすべての便を出し切るのは難しいです。それに、お産は初産であれば10時間くらいかかるものなので、その間に腸の上にあったものが下に来てしまいます。ですから、ある程度出るのは仕方ないものだと思って、気にしないのが一番ですよ。

(監修:尾西芳子、取材・文:ヨダヒロコ、撮影:masaco)

※次回の更新は7月30日(土)です。お楽しみに!