お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

「20代前半まで」に女性が経験しておくべき6つのこと

ファナティック

時間とは、あっという間に過ぎ去ってしまうもの。いつまでも若いつもりでも……「あれ!? いつの間にか30代を迎えてしまう!」なんて感覚は、決して人ごとではありません。後から振り返って、後悔することもあるのかもしれませんね。では女性の人生で、20代前半に済ませておくべきことは、いったい何だと思いますか? 20代~30代前半の女性たちに、自身の経験を踏まえて答えていただきました。

kim150922046869_tp_v

一人暮らし

・「一人暮らしをして、家事をできるようにしておく」(27歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「一人暮らし。家事や家計管理の大変さや一通りのことは理解してできるようになったほうがいい」(27歳/その他/クリエイティブ職)

さまざまな経験をするために、欠かせないのが一人暮らしです。20代前半の「家を出たい時期」を逃すと、ズルズルとそのまま実家に居ついてしまう可能性も大……!? 一人暮らしをすれば、イヤでも自己管理をすることになりますから、学べる点も多いはずです。

就職

・「就職は20代前半に済ませて置かないと後々の人生がきつくなると思います。転職するにしても経歴は必要です」(31歳/その他/その他)

・「自分に合った仕事探し。あとからだと転職しにくいから」(26歳/その他/その他)

学生生活を終えたあとの進路は、自分の自由に決められます。「定職につかず、自分の好きに暮らしたい!」と思う方もいるでしょうが、できれば20代前半までに「自分の場所」を決めておくのがオススメです。

広い世界を

・「リゾートバイトやバックパッカー、留学。若さゆえに勢いでいけるし、変な世間の目もない」(27歳/その他/その他)

・「世界の行きたいところにできるだけ行っておくことです。ちなみに私は18カ国に行ってみました」(34歳/医療・福祉/専門職)

海外旅行は何歳になっても行けますが、自由度が高いのは20代前半の時期でしょうね。ちょっと無理しても、体力でカバーできる時期でもあります。若い感性で、自分の知らない世界の文化をのぞいておきましょう。

遊ぶ!

・「一通りの遊び。しておかないと後が大変」(28歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「たくさん遊んで、いろんな経験をすること。若いうちしか許されないことってあると思う」(35歳/その他/販売職・サービス系)

社会人になっても「遊ぶ」だなんて……抵抗がある方もいるのかもしれませんね。しかし「若い時期だからこそ、許されること」があるのも事実です。自分の時間を満喫できる時期は、実はそれほど長くはないことも……。20代前半の時期、体力が続く限り、思う存分遊んでみては?

・「恋愛。若いうちに、傷つくことも、幸せなことも経験しておくといい」(27歳/その他/その他)

・「たくさんの恋愛。別に少ないほうでもなかったが、もっと遊んでおけばよかったなと。何事も経験が物を言うと思うから」(29歳/その他/その他)

自由な気持ちで恋を楽しめる期間も、実は限定されているのかも……!? 「恋は何歳でも可能」ですが、敗れたときの傷は、年齢と共に深くなってしまいます。失敗しても浅い傷で済むうちに、経験を積んでください。

出会い

・「合コンにたくさん行く。色んな男の人を知って人を見る目を養うのがいいと思う」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「結婚相手と出会っておくべきだったと思う」(35歳/その他/秘書・アシスタント職)

たとえ恋につながらなかったとしても、多くの人と出会っておくことで、将来につながる可能性もあります。「人付き合いが面倒だから」なんて理由で引きこもっているのは、かなりもったいないと言えそうです。

まとめ

みんなの意見を総合すると、20代前半はかなり忙しい時期となりそう! すべては無理かもしれませんが、自分が興味を持てるところから、少しずつ世界を広げてみてください。20代後半からの「力」につながるのかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数201件(25歳~35歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]