お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男心をくすぐる。LINEの上手い返し方6選【例文】

安東徳子

共感力が好感度の高いLINEを作る

いかがでしたか? センスのよいLINE返しのコツは共感力を磨くこと。相手のLINEに隠れた「ほんとの気持ち」を読み解いていけば、居心地のよい返事ができるようになります。2人のLINEのやりとりが、あなたと彼の絆をさらに強くしてくれますように!

(安東徳子)

※画像はイメージです

※この記事は2016年12月28日に公開されたものです

安東徳子

マリッジ・ライフ・プランナー/サービスビジネスコンサルタント。エスプレシーボ・コム社長。一般社団法人日本ホスピタリエ協会代表理事。

明治学院大学社会学部社会学科卒業。大学卒業後、広告代理店勤務、ピアノ講師を経て、ウエディングプランナーとして活動。その後、ウエディング、理美容業界、教育ビジネスなどホスピタリティ産業を中心とした、サービスビジネスコンサルタントとして活躍する。

現在、サービス業に特化した講演会、セミナーは全国45都道府県での実施実績があり、年間120回を超える。著書に『究極のホスピタリティを実現する「共感力」の鍛え方――AIにはできない、人にしかできない!』、『誰も書かなかった ハネムーンでしかできない10のこと』(コスモトゥーワン)。

株式会社エスプレシーボ・コム http://www.espressivocom.jp/

この著者の記事一覧 

SHARE