お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

オバさんじゃんっ! ドン引きした「彼女のダメっぷり」5つ

ファナティック

出会ったころは彼に対していろいろ気づかっていたことも、慣れてくるとだんだんだらしない部分が目についてくることも……。素の自分を見せることは大事なことですが、それによって、彼をドン引きさせてしまっては元も子もありません。そこで今回は社会人男性に、彼女のおばさんっぷりにドン引きしてしまった経験について、聞いてみました。

af9920055603w

■体形がゆるみっぱなし

・「うしろからみたらずんどう、前から見たら妊婦のよう。くびれはどこに」(31歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

・「年上の彼女、おなかがぷよぷよ」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

いつまでも若く美しいカラダをキープするには、食事制限やエクササイズを欠かさないことが大切ですよね。体形は意地を心掛けていないと、どんどん崩れていきます。

■クーポン大好き

・「とにかくクーポン好きで、いろいろなお店に行きたがる。『これ使って』と言われるが正直恥ずかしい」(24歳/学校・教育関連/営業職)

・「お財布の中にクーポンやメンバーズカードがいっぱい。ちょっと貧乏くさい」(32歳/情報・IT/販売職・サービス系)

女子会が個人的にポイントをためるのはOKでも、デートのときにクーポンを勧められても、ちょっと困ってしまいそう。そこは男性にまかせてもいいのかも。

■デリカシーはどこに!?

・「一緒にいるときにおならしても罪悪感がない」(32歳/学校・教育関連/その他)

・「目の前でつまようじを使われるとゲンナリ」(31歳/情報・IT/販売職・サービス系)

デリカシーのない行動も平気でするようになってしまうと、彼もだんだん引いてしまいそう。少しの油断が、彼の心を冷めさせる要因になることを忘れてはいけないですよね。

■オバさんっぽい下着

・「よれよれで伸びきったデカパン」(38歳/自動車関連/事務系専門職)

・「母親がはいているようなパンツを着用。色気がなさすぎ」(36歳/金融・証券/販売職・サービス系)

彼と会うときは、女らしくてかわいい下着を身につけるべき。いつ何時彼に見られてドン引きされてしまわないよう、気をつけたほうがいいかも。

■ゴロゴロしすぎ

・「最近疲れやすいのか、休みの日は寝てばかり」(36歳/建設・土木/技術職)

・「スーパーのチラシをチェックする以外は寝ている。通っていたヨガ教室もやめたらしい」(38歳・証券/営業職)

働いて疲れているのは男性も同じこと。一緒にいる時間でもゴロゴロばかりしていては男性も引いてしまいそう。

■まとめ

男性が彼女のオバさんっっぷりにドン引きした、さまざまなエピソードが寄せられました。普段、なにげなくしていることも、彼の目には「おばさん」として映ってしまうようです。いつまでも彼に好意を持ってもらいたいのなら、生活習慣を一度見直してみることが必要なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月16日~9月12日
調査人数:105人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]