お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ギャグだよね……? ダサすぎて履けない「下着のプレゼント」6選

ファナティック

彼に下着をプレゼントした経験がある女性も多いと思いますが、下着を選ぶときはどんな点に気を付けていますか? もしかしたら自分が思っているほど、彼はそのチョイスを喜んでいないかもしれません。思わずガッカリしてしまう彼女からの下着プレゼントについての本音を、働く男性に聞いてみました。

真っ白ブリーフ

・「白パンはさすがに引きます。もしかしたら別れるかもしれない」(33歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「ダサい真っ白なブリーフなんかはガッカリする」(25歳/建設・土木/営業職)

小学生がはきそうな真っ白ブリーフ。故意に選ぶ人は少ないと思いますが、男性からも「これだけはイヤ」という声が多く聞かれました。何がよくてこれを選んだのか、疑問を持たれそうですね。

いくらかわいくても……

・「基本何でもうれしいですが、アニメキャラの柄は苦笑いで受け取ります」(31歳/その他/その他)

・「かわいい系のキャラが書かれたシャツやパンツ」(30歳/自動車関連/技術職)

自分の好きなキャラクターがモチーフになっている下着を贈りたくなる人もいると思いますが、彼がそのデザインを気に入るかどうかは別問題のようです。

派手すぎて普段使いできない

・「いつはくのかわからないような派手なネタ下着」(34歳/その他/販売職・サービス系)

・「相撲のまわしみたいな下着で派手な雰囲気」(23歳/その他/その他)

バラエティーショップで売っているようなネタ下着は、男だらけの忘年会くらいでしか活躍するときがないようです。それ以外はタンスの隅に追いやられてしまうでしょう。

ケチっぽさ全開のプレゼント

・「安物の下着。安物ならいっそプレゼントなんかないほうがいい」(34歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「どこでも売っているようなスーパーマーケットの商品」(29歳/金融・証券/事務系専門職)

スーパーのロゴが入ったポリ袋に入れられた下着をもらっても、プレゼントをもらった実感はわかないでしょう。これでは日常の買い物と何ら変わりありません。

奇をてらったデザイン

・「ふんどしとかとっぴな物だったらちょっとガッカリするのかなと思う」(28歳/その他/その他)

・「完全に客観的に見たときに不格好なもの」(23歳/食品・飲料/その他)

一時期流行ったふんどしも、実際にスーツの下に履けるかと言われれば難しいですよね。いつでもどこでも履けて、人に見られても問題がないものを選んだ方が無難なようです。

狙いすぎセクシー下着

・「透けていて変態チックなのは正直しんどい。ノーマルでかっこいい感じがいい」(22歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「いわゆるエロ下着。狙いすぎてる感が好きでない」(32歳/運輸・倉庫/営業職)

男性の性的な特徴を強調するセクシー下着に抵抗がある男性も多いようです。興味半分で自分が買う分にはいいかもしれませんが、彼女がそれを選んでいることに違和感を覚えるのかもしれませんね。

まとめ

着心地や素材感など、下着にこだわる女性は多いものですが、それは男性も同じこと。彼に下着をプレゼントする際には、くれぐれもガッカリ下着をプレゼントすることのないよう、慎重に選びたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月21日~10月23日
調査人数:185人(22歳~34歳の男性)

※この記事は2016年11月20日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE