お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

別れた時に面倒だから? 男が「ペアリング」を嫌う4つの理由

ファナティック

ペアリングといえば女性の憧れではないでしょうか? しかし、普段アクセサリーをつけない男性にとって彼女とのペアリングはうれしいものなのでしょうか。意見を聞いてみました。

Q.ぶっちゃけペアリングはしたい? したくない?

したい……32.45%
したくない……67.5%

女性には残念な結果となりました。したくない理由を詳しく見ていきましょう。

したくない

●アクセサリーが好きじゃない

・「自分がアクセサリーをつけるのが好きじゃないから」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「そもそも指輪をすることが気持ち悪くてしないので、ありえないです」(37歳/機械・精密機器/営業職)

・「男が指輪をするという文化をあまり理解していないから」(29歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

まだまだ日本の男性はアクセサリーをすることに抵抗がある人が多いようです。ペアリングが嫌というよりも「指輪なんてしたくない」という気持ちのほうが強い場合もありますが、もしも結婚しても結婚指輪もしてくれないとなると女性としては少し残念ですね。

●恥ずかしい

・「恥ずかしいしペアリングはダサいと思っている」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「まわりからどんな目で見られるのか怖いから」(37歳/情報・IT/技術職)

・「気恥ずかしいだけなので、勘弁してほしいですね」(36歳/学校・教育関連/事務系専門)

とにかく周囲からどう見られるのかと気にしたり、ペアリングというおそろいのものをつけているということが恥ずかしくてたまらないため、彼女に頼まれても「ペアリングはお断り」と思っているようです。

●自由がなくなる気がする

・「そんな束縛物こちらは願い下げだ」(36歳/学校・教育関連/その他)

・「ほかのかわいい女性が現れたときに誘えないから」(34歳/電機/技術職)

・「恥ずかしい、ほかにかわいい女性がいたときに落とせないから」(34歳/電機/技術職)

束縛されている感じがペアリングには含まれている気がしてだめな人もいるようです。特に「彼女にいちずにいよう」と思っていない男性にとってはペアリングをしていると新しい出会いの邪魔になると感じるのです、

●別れたときに面倒だから

・「別れた場合、どうするんだといいたい」(34歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「別れることになった場合に処分に困ってしまうので」(33歳/商社・卸/営業職)

別れることを考えるとペアリングは重いと感じてしまうのでしょうか、女性としては「別れない」という気持ちでペアリングをしたいものですが、男性は冷静に将来を考えて別れる可能性も考慮した上で「ペアリングはしない」という結論にいたるのでしょう。

一方ペアリングしたいと回答した男性陣の意見は……?

したい

●彼女とのつながりを感じる

・「いつでも彼女とつながっているような気になれるから」(27歳/小売店/営業職)

・「つながってる感じがするから欲しい」(33歳/自動車関連/経営・コンサルタント系)

・「なんとなく結ばれている気になるから」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

男性の中でも彼女とのつながりを感じるためにペアリングに肯定的な人はいます。同じものを身につけることで、一緒にいないときでもつながっている気がすると思ってくれてると知ると、女性としてはうれしいですよね。

●恋人だと実感するから

・「恋人だなと感じることが多いため」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「せっかくの機会だからしてみたいと思う」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「好きな人とならぜひともしてみたい」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

男性にとってペアルックをする機会なんてほとんどありませんよね。恋人という特別の関係だからこそできるので、「いい機会」と捉えてペアリングをしたいと思ってくれる男性の存在は貴重です。

まとめ

女性と男性の感覚はちがうため、いくら彼氏に「ペアリングをしたい」と頼んだとしてもOKしてくれない場合も多くあります。もちろん不純な動機でペアリングをしたくないという人もいますが、単に恥ずかしさやアクセサリーが好きじゃないという人もいるので、「なぜしたくないか」聞いてみましょう。本当に思いが通じ合っているのであればペアリングをしてもしなくても仲良くいられるものでしょう。

(ファナティック)

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月4日~11月8日
調査人数:136人(22歳~34歳の男性)
※画像はイメージです

※この記事は2016年11月13日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE