お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

今カレと結婚したい女子必見!! オトコが結婚を決めるきっかけ6つ!

ファナティック

付き合い始めたころには、まだ見えていなかった彼女との結婚。でも、男性にはふとしたことがきっかけになって、彼女との結婚が現実味を帯びてくるということがあるようです。今回は男性が彼女との結婚に踏み切るきっかけについて聞いてみましょう。

彼女の大切さを感じたとき

・「自分のことを真剣に考えてくれて、心の支えになってくれていることを実感したとき」(30歳/小売店/販売職・サービス系)
・「ずっと横で応援してくれる感じがありこの子のために頑張りたいと感じた」(35歳/医療・福祉/専門職)

彼女がいることで自分が頑張れる。彼女の大切さをあらためて感じたときに、結婚するならこの女性しかいないと結婚を意識する男性は少なくなさそう。彼にとっての支えであることが結婚相手として選ばれる大きな理由になるみたいですね。

子どもができたとき

・「子どもができる、もしくは彼女からプロポーズ。腹をくくるしかなくなるから」(34歳/警備・メンテナンス/その他)
・「子どもができたという半ば強制的な流れ」(37歳/建設・土木/技術職)

最近では授かり婚と言われる、子どもができたことがきっかけで結婚するカップルは多いですよね。なんとなく意識していた結婚をいやが応でも決心させるには、これ以上のきっかけはないとも言えますよね。

彼女との家庭が想像できたとき

・「しばらく付き合って、この人となら一緒に暮らしても大丈夫だと実感したとき」(38歳/その他/事務系専門職)
・「一緒に家庭を持ちたい、一緒に協力して生活をしたいと思ったとき」(37歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

恋人としてではなく彼女と家族になることが想像できる。これから、一生をともにしても大丈夫な相手だと確信できたときに結婚を決めるという男性も。愛情だけではない部分でのつながりが感じられたということでしょうね。

経済的、気持ち的に余裕ができたとき

・「それなりの貯金ができ、経済的にも面倒が見られる状態になったとき」(36歳/機械・精密機器/技術職)
・「経済的、時間的に豊かになってきたり、なる兆しが見えだしたら」(33歳/その他/営業職)

愛があればお金なんてと言う人もいますが、やはり結婚して家庭を持つとなると経済的な基盤をしっかり固めることも大事。そこをきちんとクリアにしたうえでプロポーズしてくれれば、女性としても安心ですよね。

周囲の結婚ラッシュ

・「まわりが結婚し始めて、そろそろの時期かなと思ったころ」(34歳/電機/技術職)
・「周囲が突然結婚ラッシュになったとき」(29歳/電機/技術職)

同僚や友だちが次々と結婚していくと焦りを感じ始めるのは男性も女性も同じかも。自分と年齢の変わらない人たちが結婚ラッシュを迎えるころになると、自分もそろそろとようやく結婚を真剣に考えられるようになるのでしょうね。

年齢や付き合った年数

・「付き合った年齢と年数とタイミング。数年付き合って、ちょうど30歳ころのまわりも結婚ラッシュのタイミングで結婚することに決めた」(34歳/機械・精密機器/技術職)
・「彼女の年齢が30を迎えるようになるころ。男より女のほうが20代と30代で意味がちがってくると思うから」(34歳/その他/販売職・サービス系)

女性には妊娠、出産という年齢的なリミットがあるので彼女の年齢や付き合った年数を考えて結婚を決めるという男性も。交際期間がある程度あれば、結婚後に後悔することも少なそうですね。

まとめ

結婚は縁とタイミングとも言いますが、確かに結婚したいと焦っていてもその二つが合わないとなかなかいいご縁にも恵まれなさそう。結婚を前提に付き合っている彼氏がいても最後の決定ができないのは、どちらかに決め手となるきっかけが欠けているのかも。彼をせかすことなく結婚に踏み切らせるには、ちょっとしたきっかけを与えてあげると良いのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数305件(22~38歳の働く男性)

※この記事は2016年11月07日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE