お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

もう耐えられねぇ! 男性がドン引きした重〜い愛情表現10

ファナティック

「恋人がいてくれて良かった!」と思うのと同じくらい、「重いなー……」と内心思ってしまうことも多いですよね。正直、男性がされると息苦しく感じる「女性の重い愛情表現やアプローチ」とは? 社会人の男性に、その本音のところを聞いてみました。

デート終わりや普段の会話から、なかなか解放してくれないとき

・「とにかくデートの終わりにすんなりバイバイができない。早く帰してほしい」(29歳/学校・教育関連/その他)

・「毎日午前2時ぐらいまでメールをしてきて返さないとカンシャク起こしてきたとき」(32歳/金融・証券/営業職)

・「毎日電話がかかってくると、電話が来るのが怖くなる」(30歳/その他/その他)

恋人とのコミュニケーションは大切ですが、正直長時間束縛されるのはきついもの。2人絆が強ければ、心と心をつなぎとめておくためにそんなに時間は必要ないですよね。かえって束縛されると、今の関係にダメ出しされている気になってしまいそう。

結婚を持ち出されると、ドンヨリしてしまう

・「私といつか結婚してくれるの?と聞いてくる。その前に自分が結婚するための努力をしてほしい」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「どんな家に住みたい?や掃除は週1でいーかなー?とか結婚をチラつかせたとき」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「結婚とその後の人生計画を引くぐらい事細かく説明されたとき」(25歳/電力・ガス・石油/クリエイティブ職)

部屋の掃除と一緒で、せっつかれるとやる気を失いやすいのが結婚話。これを持ちだされる度にドンヨリしてしまう……という男性は多いかもしれませんね。やる気になれば仕事は速いのが男性。あまり追い込みすぎない方がいいのかも?

強制的に約束を迫られるのは重い

・「来世も一緒にいようね、と来世分の指輪も渡されたとき」(33歳/学校・教育関連/その他)

・「婚姻届の半分だけ書いた用紙を渡された」(32歳/機械・精密機器/技術職)

その思いはうれしいけれど、思いが強すぎて正直「そこまでやる!?」なんてビックリする行動を起こす彼女も……。今世だけじゃ飽き足らず、来世分の予定までたてられると、もう逃げ場なしですよね。あきらめて人生を彼女にゆだねるしかない!?

記念日への期待が大きすぎてつらい

・「何かと〇〇記念日を作り、2人の関係を祝おうとする。付き合った記念日、初デート記念日……など、1カ月に何個も記念日があった」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「誕生日とか記念日に過度な期待をされるときつい……」(32歳/その他/事務系専門職)

覚えておくことも大変なら、彼女の期待に応え、こなしていくのも大変なのが記念日。2人の思い出を大切にするのはいいけれど、あまりに多いと何の記念日かわからなくなりそうですよね。恋人記念日は1年に1回くらいがちょうどいいのかもしれません。

彼女からの愛情はうれしいものの、それが過度だとやっぱり重いもの。恋愛は何より大切ですが、あまりそれを一番にしすぎない方がいい? 他の人間関係を考えるのと同じように、「彼氏とのちょうどいい距離感」も考えておくのは大切かもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年6月にWebアンケート。有効回答数201件。25歳〜34歳の働く男性)

※この記事は2016年11月01日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE