お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

あの男、薄っぺらーいっ!! 「見栄っ張り男性」の共通点・6つ

ファナティック

女性からすると理解不能な場合も大きいのですが、男性には見栄を張りたい場面というのがあるようです。そんな「見栄っ張りな男性」の共通点について、女性のみなさんに思い当たるエピソードを聞いてみました。

■ブランドにこだわる

・「やたら外見やブランドにこだわる」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「靴やスーツ、ベルト、ジャージなどが全部ブランドもの」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「やたらと、高級で人気のあるお店に連れて行きたがる人。自分は情報通だと見栄を張っているから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

ブランド物に身を包むことで、お金を持っているアピール、モノにこだわっている高級志向アピールをしたがる男性は多いようです。

■よく奢ってくれる

・「自分の懐具合も考えず見栄だけで奢ったりする男性」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「友だちとかがたくさん集まった飲み会などでパーッと人数分を奢ってしまう。見栄っ張りなんだろうな、と思ってしまう」(33歳/不動産/専門職)

・「後輩にいつも奢る人。年齢がそんなに離れていなくても、見栄を張って奢るので、けっこう金欠ぎみな人を知っている」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

男性たるもの、先輩たるもの奢るべきだ、という見栄を張る男性も。ありがたい話ですが、無理しなくてもいいのにとも思ってしまいます。

■話を誇張する

・「どんな話も1.5倍ぐらいにおおげさに言う。みんなに関心を持ってほしいのだと思う」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

・「言うことがだいたい大げさ。ビッグマウス」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「会話の端々に少しずつ盛って話をする」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「虚栄を張りビックマウスで、言葉に深みがない」(33歳/不動産/事務系専門職)

話を誇張して自分を大きく見せようとするというエピソードも。事実を知っている場合は滑稽にしか聞こえませんよね。

■自慢話が多い

・「やたらと自慢が多い人はそうだと思う」(30歳/小売店/専門職)

・「昔の自慢話をやたらする。高校時代や大学時代のころの自慢話が多い」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「他人が高価なものを持っていたら、自分はそれよりも高いものを自慢する」(32歳/金融・証券/専門職)

本当に感心できるものならいいですが、あまりに自慢話ばかりでは、すごい話も薄っぺらに聞こえてしまいますよね。

■自分の非は認めない

・「絶対に、自分が悪いとは言わない」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「自分は間違っていない、と人のせいにする」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「少しでもプライドが傷つくようなことを言われるとすねる」(34歳/その他/クリエイティブ職)

自分のミスは認めようとせず、自分の考えや行いは絶対だという態度をとる人も。人の話に耳を貸さない場合も多いので少し厄介です。

■知ったかぶりをする

・「どんな内容の話のときも知ったかぶりをする」(34歳/金融・証券/営業職)

・「知ったかぶりをする人。細かい話になると『まぁ、いろいろあるんだよねー』でごまかす」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

なんでも知ったかぶりをする男性も多いよう。話が進んでボロが出て、逆に恥ずかしい思いをするということもありそう。

■まとめ

見栄を張らずに無理なことは無理、と言ってしまったほうがいっそ潔いのに! と女性としては思ってしまうのですが、それでも見栄を張ってしまう男性というのは少なくないようです。そんなときは見て見ぬふりをして、その見栄を受け入れてあげるのもやさしさなのかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月30日~10月11日
調査人数:115人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]