お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 メンタル

「見栄っ張りな人」の心理と直し方

笹氣健治(心理カウンセラー)

誰もがつい見栄を張ってしまうときがありますよね。一般に、見栄を張ることは悪いことのように思われがちですが、実は、私たちは見栄を張ることによって無意識のうちに自分の身を守っているのであり、私たちにとって必要な行為だと考えることもできます。だから、見栄を張ることは必ずしも悪いことではないのですが、現実には、見栄を張ることでいろいろとつらい思いをするのも事実です。もしあなたが、つい見栄を張ってしまう自分に疲れているとしたら、ぜひこのコラムを読んで楽になるヒントをつかんでください。

見栄っ張りとは

「見栄を張る」とは、自分をよく見せようとして外見を飾る態度のことですが、私たちは誰もが多かれ少なかれついつい見栄を張ってしまうときがあります。給料日前で金欠なのに、ホテルのレストランでのランチのお誘いを断れなかった。後輩や年下の同僚と食事に行くと必ずおごってしまう(もしくは、少し多めに出す)。海外旅行で一緒に行った友人とお揃いのブランドバッグをつい買ってしまった……。こういった行為の際、「仕方ない」「今回は特別だから」といったように自分自身を納得させるように言い聞かせながらどこか無理してやっているとしたら、それは「見栄を張っている」といえます。

ちなみに、「私はブランド物をたくさん持っている」「頻繁に海外旅行に行っている」などと周囲にアピールする人がいますが、その人が本当にお金持ちであれば、それは単なる自慢話です。もしその人が、実際にはお金がないにも関わらず無理して買い物や旅行をしているのであれば、見栄を張っているということになります。

このように、自分をよく見せようとして背伸びをしたり、無理をしたり、やせ我慢をしたりしてまで見栄を張ってしまうのは、自分についてマイナス評価をされないためです。それが「見栄を張る」ことの根本的な原因なのですが、では、なぜこのように他人の目を意識してついつい無理をしてしまうのでしょうか? そして、いったいどうすればついつい見栄を張ってしまうことがなくなるでしょうか? それについて、これから解説していきたいと思います。

次ページ:見栄っ張りな人の特徴

お役立ち情報[PR]