お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

ハイレベルーーー! 「勝ち組だな」と思う夫婦の特徴・6選

ファナティック

隣の芝生は青く見えると言いますが、結婚すればなおさら、まわりの家庭と自分の家庭を比べてしまう機会もありまよね。悲しいことに自分が敗北感を味わってしまうような、勝ち組家庭を持つ人にはどのような特徴があるのでしょうか。働く男性の意見を見てみましょう。

■高収入・高所得

・「夫婦で多くのお金を稼いでいること」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「高収入な人と結婚した人。お金には困らない」(34歳/医療・福祉/専門職)

結婚とは切り離せないお金の問題。世の中にはお金で解決できる問題も確かに存在するよう。やはり相手が高収入であったり、夫婦の合算額が高いと勝ち組だと判断する人が多いようです。

■家が裕福

・「金持ちの家に嫁いだ女の子は、勝ち組だと思う」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「資産家で、お互いに高スペックな結婚をしている」(29歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

お金持ちの家に円があった人を勝ち組だと見る人も。収入は労力の対価としてもらうものですが、家そのものがお金持ちなら「逆玉」になりますよね。

■子宝に恵まれている

・「子どもがいて幸せそうにしていれば、勝ちだとは思う」(37歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

・「夫婦仲がよくて子どもにも恵まれた家」(33歳/小売店/事務系専門職)

子どもを望む人にとっては、やはり子どもの有無が判断基準になるようです。こればかりは人の価値観によるところが大きい問題ですが、夫婦として子孫を残すことに重きを置く人も多いのかもしれません。

■これぞ富の象徴

・「大きい家に住んで大きい車に乗っている」(37歳/医療・福祉/専門職)

・「奥さんが専業主婦で家事全般をやってくれる」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

庭付き一戸建てに高級車、そして家のことを完璧にこなす専業主婦の奥さま。これでもかというほどの富の象徴には、思わず羨望のまなざしを向けたくなってしまいますよね。

■家庭環境がいい

・「毎日笑顔があふれている家庭だと思います」(34歳/機械・精密機器/技術職)

・「一家団らんで楽しく休日を満喫している風景」(33歳/運輸・倉庫/その他)

家族ひとりひとりが、自分の家族に誇りを持って楽しんでいる様子は、周囲から見ていてもほほえましいものですよね。まさに理想の家族像と言えるでしょう。

■夫婦仲がいい

・「夫婦円満で仲よく暮らしているような家庭」(24歳/医薬品・化粧品/営業職)

結局のところ、勝ち組になるためには夫婦仲がいいことが絶対条件のようです。夫婦の信頼関係は家庭の基盤となりますよね。

■まとめ

金銭的な余裕があることは周囲からの羨望を集めますが、それ以上に本人たちが幸せを実感していることが勝ち組だと思われる基準になるようです。勝ち組家族であるかいなかはほかの誰でもなく自分自身が決めること。周囲との比較ではなく、心からの幸せを判断基準にしたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月26日~10月17日
調査人数:106人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]