お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

絶対NG! 既婚女性に聞いた「結婚を機にやめたほうがいいこと」6つ

ファナティック

独身のときは自分の好きなように何でもやってこれたもの。でも、さすがに結婚してからはやめておいたほうがいいこともありますよね。そこで今回は、既婚の女性のみなさんに結婚を機に「やめたほうがいいこと」について聞いてみました。

<結婚を機に「やめたほうがいいこと」って?>

■1.ギャンブル

・「ギャンブル。これはモメる対象になる」(31歳/その他/その他)

・「ギャンブルをやっているならやめたほうがいい。ひとりで生活してる訳ではないので」(27歳/その他/その他)

ギャンブルも趣味の範囲で嗜む程度であればいいかもしれませんが、ムキになってしまうと一気にお金が消えていってしまう趣味でもあります。結婚をするとお金をすべて自由に使っていいわけではありません。であれば、思い切って「やらない」選択をとったほうがいいのかもしれません。

■2.ムダ使い

・「ムダ使い。将来的にお金が必要になる場面があるから。子どもができたり」(31歳/その他/その他)

・「散財。節約して将来に備えたほうがいい」(33歳/その他/その他)

お金が無尽蔵にあるのであれば、好きなように使えますが、なかなかそうはいきません。将来のことを考えれば、お金が必要になるのはわかっていますから、少しでも多く貯めておいたほうがいいですよね。

■3.自己中なところ

・「自分のことしか考えないこと」(27歳/学校・教育関連/その他)

・「自己中な考え方」(33歳/医療・福祉/専門職)

独身であれば、自己中心的な考え方でもいいですが、結婚すればそうはいきません。自分のことだけでなく家族のことも考えて行動するとなると、自己中心的な考え方は自然とできなくなりそう。

■4.タバコ

・「子どもがほしいなら、タバコは絶対やめたほうがいいと思う。女友だちはやめていたし、男性もやめないと子どもに迷惑がかかる」(26歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「喫煙の習慣があれば、それをやめる努力をしたほうがいいと思います。結婚うんぬんではなく、子どもが出来たときに、いきなり喫煙をやめようとしても中々大変だと思うので、少しずつ努力をしていったほうが、楽だと思います」(31歳/その他/その他)

。これまで喫煙習慣があったとしても、「結婚」というタイミングで禁煙にチャレンジしてみるのは、健康面から見てもいいですよね。将来的に子どもがほしいと思っているのであれば、なおらさです。

■5.異性との付き合い

・「異性と2人きりで遊ぶ」(31歳/その他/その他)

・「異性と親しく交流すること」(35歳/学校・教育関連/専門職)

結婚すると異性との交流はたしかに控えたほうがよさそう。その気はなくても、間違いが起こることもあるかもしれません。

■6.お酒の飲みすぎ

・「飲み方で、グダグダになること。酔って記憶をなくし、次の日恥ずかしい思いをした」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「記憶がなくなるまでお酒を飲むこと」(34歳/その他/その他)

お酒もひかえたほうがいいもののひとつかもしれません。嗜み程度であれば問題ないと思いますが、周囲の人に迷惑をかけるような飲み方は、結婚に関係なく避けたほうがいいかも。決意のあらわれとして「結婚を機に」ということなのでしょうか。

まとめ

結婚をすることで、家族ができ、自分だけのことでは済まなくなってしまいますよね。家族のために健康でいることも大切ですし、何より心配や迷惑をかけるようなことは、やめたほうがよさそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月11日~10月13日
調査人数:102人(22歳~34歳の既婚の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE