お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

妊婦

【第7回】おまた“パッカーン”で赤ちゃんの性別判明

かたくりこ

妊娠によって女性のライフスタイルはガラッと変わるもの。全てが初体験でとまどうことも多いですよね。しかしそれ以上に妊婦ライフは楽しい!……はず。 そこで本連載では、ブロガー「4コマ妊婦生活」の著者かたくりこさんが、自身の妊婦体験を4コママンガとともにご紹介。現在進行形でママの人も、これからママになる人も、すべての女性にむけて妊婦ライフの楽しさをゆる~くお伝えしていきます!

■どうやって性別がわかるの?

妊娠すると性別が気になるところかと思いますが、妊婦検診で性別がわかるのは妊娠中期に入ってから(妊娠5カ月頃~)になります。

わたしはてっきり、エコーで胎児の股あたりを上から映して、性別を確認するのかと思っていたのですが、わたしが通っていた病院では、胎児のおしりの下あたりをエコーで確認していました。そうすると1コマ目のような、“おまたパッカーン”映像が画面に映し出され、足と足の間に何かあれば男の子、何もなければ女の子、と判定するそうです。

■性別が間違えられることもある?

おまた画像がきちんと映らない場合は、性別判定は次回検診までお預けに。また、足の間に偶然手などが映りこんだ場合は、男の子と間違えられることもあるようです。

もう少し週数がたつと、胎児の体が成長して、もっと性別がわかりやすくなるそうですよ。

さて、毎回毎回「女の子です」と言われ続けていたわが家の赤ちゃんですが、生まれてみたら……

やっぱり“女の子”でした!

かたくりこから一言

おまた画像のインパクトが忘れられない

(文・イラスト/かたくりこ)

次回の「4コマ妊婦ライフ」」は、10/15(土)更新予定です。お楽しみに!
※隔週土曜更新

>>>バックナンバーはコチラから

お役立ち情報[PR]