お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート

ぜひ興奮して! 男性が、花火大会デートで「女性に期待すること」4選

ファナティック

今年もすでに全国各地で開催されている花火大会。もうすぐ彼と花火大会デートの予定がある! という人も多いかもしれませんね。夏の風物詩である花火大会、ロマンチックに、そしてめいっぱい楽しむにはどんなことに気をつければいいのでしょうか? そこで今回は、社会人男性のみなさんに「花火大会デートで女性に期待すること」について聞いてみました。

■やっぱり浴衣!

・「定番ではありますが、やっぱり浴衣がいい」(31歳/不動産/営業職)

・「浴衣を着てきてほしい。いつもは着ない浴衣で魅力が何倍にも増すから」(33歳/その他/その他)

・「浴衣を着てくれたら言うことない。やはり女性がキレイに見える姿だから」(38歳/その他/事務系専門職)

・「浴衣ですね。季節限定のものをふさわしい場所で見るのがいいです」(34歳/その他/その他)

花火といえば浴衣、という男性は多いよう。色っぽく浴衣を着こなして、彼の視線をくぎづけにしたいですね。

■浴衣のときのヘアスタイルも大事

・「浴衣で髪の毛をアップしてくる。普段とちがう顔が見えるのでうれしい」(26歳/その他/営業職)

・「浴衣を着て、髪型もキマっていること」(22歳/その他/その他)

・「浴衣に合わせた髪型にしてほしい」(38歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「浴衣姿でうなじが見えるアップにしたヘアスタイル」(34歳/その他/その他)

せっかく浴衣を着たのなら、ヘアスタイルもバッチリ完璧にしておきたいもの。うなじが見えるアップヘアは、男性からの支持率も高いですよね。

■触れてほしい

・「横並びに土手に座りながら花火を見ているときに、頭を自分の肩にもたれかかってくること」(34歳/自動車関連/技術職)

・「浴衣は必須で、花火を眺めながらずっと手をつないでいてくれると、それだけでうれしく幸せな気持ちになります」(29歳/電機/技術職)

・「さりげなく手を握ってくれること」(29歳/不動産/営業職)

・「手をつなぐ。普段は恥ずかしくてできないから」(22歳/情報・IT/その他)

花火を見ているときは、ぜひ手をつないでほしい! という男性は想像以上に多いみたい。普段外でのデートではスキンシップはしないという人も、花火大会は思いきって「手をつなぐ」「もたれかかる」を実践してみてもいいかも!?

■花火に喜ぶ顔を……

・「花火を見て無邪気に興奮してくれること。そんな子を見てかわいいなと思うので、期待します」(28歳/その他/その他)

・「うわべだけでなく心から楽しんでくれること」(27歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「花火をじっと見つめるうれしそうな横顔、映画の主人公になれた気分」(30歳/自動車関連/その他)

彼にとって、一番心惹かれるものは、何と言っても、恋人のうれしそうな表情でしょう。一緒になってはしゃげたら、それだけで夏の大切な思い出になりますよね。

■まとめ

花火大会はやっぱり夏ならではのイベントで、特別感がありますよね。男性も、普段見れない彼女の浴衣姿や表情に期待しているようです。花火大会は非日常な空間で、彼と素敵な思い出を作るチャンス。まだ予定がない、という人は、近場の花火大会の予定を調べて、彼を誘ってみてもいいかも!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月12日~20日
調査人数:398人(22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]