お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 婚活

【良縁遠ざけ女子】恋愛力、下がってない? 「既婚者ばかり好きになる」理由

にらさわあきこ

「幸せな結婚につながるような恋愛がしたい!」と思っていても、なかなか「いい出会いがない」と嘆いている女性は少なくないはず。もしかしたら、自分では気がつかないうちに、出会いのキッカケを逃してしまっているのかも……。そこで、恋愛・婚活研究所主宰のにらさわあきこさんが、「良縁を遠ざけてしまうNG行動」を毎回ご紹介。解決のヒントをチェックして、素敵な異性を引き寄せる女性へと近づいて♪

●今回の良縁“遠ざけ行動”は?

「好きになる男性は既婚者ばかり」

「恋したい」と思ってるのに、「いい」と思うのは既婚者ばかり。話しやすいし、やさしいし、「○○ちゃんってかわいいよね」って女性としても見てくれるし……。そう、「いい男はもう、みんな誰かのものになってしまっているの?」とお嘆きのみなさま、こんにちは。「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこです。

いい男はみんな結婚しているというのは、たしかに一理あるでしょう。でも、去年同じことを言っていたあなたのお友だちは今年ステキな男性と結婚してはいませんか? つまりあなたは探し下手。女性としての恋愛力が下がっているのかもしれません。そこで、今回は「既婚者ばかり」を好きになるみなさまに対する処方箋です。

●女性は本来“伸びしろ”を見ることができる

そもそも恋に落ちるには、

(1)女性がステキな男性を発見して、交際に至る

または

(2)男性に発見されて、交際に至る

というどちらかの過程が必要ですよね。

なので「いい男がいない」というみなさまは、(2)の「男性から発見される」力が弱まってきているだけでなく、(1)の「ステキな男性を発見する」力も弱まってきているのかもしれません。

というのも、本来なら女性には「いい男」を見抜く力が備わっているものなのですね。さらに言えば、男性の“伸びしろ”を予測して「今現在は未完成」でも「将来ステキになる男性」に反応できるはずです。

もちろん、この「見抜く能力」が少しくらい弱まっても、男性に発見されて交際に至ることもあるはずなのですが、今現在恋人がいないのなら、どちらもみがいていかねばなりません。

●使わないと能力は衰える

とはいえ、みなさまにその能力がないというのではありません。人の能力は使ってないと衰えていくものですから、(1)(2)の能力が衰えたのは、ひとえに使ってなかったから。(それだけ!)

つまり、交際に至る過程において、「男性から発見される」経験しかしてこなかった人は、「自分から男性を探す能力」が磨かれていないのでしょうし、「男性に発見される能力」自体、「若さ」だけを売りにしてきた場合には「失われてゆくものであること」を意識するときが来ているということです。でも大丈夫です、大人のみなさまには、「若さ」以外の魅力が確実に備わっていますから。

●自分の“好き”を意識する

で、「発見されてから交際に至る」には、どこかで「男性を好きになる」過程が必要です。また、「自分から発見する」場合には、その時点で相手を好きになる必要があるでしょう。しかし恋愛力が下がっているときはその能力が衰えていますから、自分で意識して取り戻すようにしていかなければなりません。そのためにオススメしたいのは、自分から「主体的」に好きなものを感じとる能力をみがくこと。つまり、普段から「好き」か「そうでない」かを意識して感じる練習をするのです。

というのも、女性は人に合わせて行動するのが得意なので、「お昼、パスタにしよう」と言われたら、「いいね」と合わせがちですし、「君、かわいいね」と言われたら、そう言ってくれた男性を「好みなのかも」と誤解してしまう。けれど、みなさまが本当に食べたいものは「定食」だったのかもしれないし、「かわいい」と言ってくれた男性は、特に好みでなかったかもしれない。それを、これからはつきつめて考えるようにすればいいのです。

●まとめ:「既婚者ばかりを好きになる」女性へのアドバイス

既婚者ばかりを好きになるのは、あなたが「受け身の恋愛」ばかりを繰り返してきて、「ステキな男性」を発見する能力を使ってこないできたから。よって、これからは「ステキな男性」を自ら発見する気概を持ち、生活の端々で「自分の好き」を意識して暮らしていけばいいでしょう。

(文:にらさわあきこ イラスト:カツヤマケイコ)

お役立ち情報[PR]