お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 デート・カップル

【セックスレス解消法】交際3年目がキケン!? マンネリHの解消法

すずね所長(三松真由美)

アラサー女子が抱える「セックスレス」に関するお悩みを、セックスレスカウンセラーのすずね所長(二松まゆみ)が解説&アドバイス! エッチが苦手な女子でも実践できるよう、セックステクニックに言及するのではなく、仕草や会話、コミュニケーションからアプローチした「セックスレス対処法」を伝授します。上手にセックスレスを解消して彼との愛を深めましょう!

こんばんわ。すずね所長です。

交際3年目以上にもなってくると、どんなカップルにもマンネリが訪れます。怖いのは、「マンネリ」はいきなりではなく、ジワリジワリと忍び寄ってくるため、気づいたら「マンネリ」になっていた! ということです。ではそうならないためにどうすべきなのか。まずはどういう状況を「マンネリ」というのか、知ることです。

今回は「マンネリのボーダーラインとマンネリの解消法」についてお話ししていきます。

■すずね所長のアドバイス

まずは2人の日常マンネリ度をチェックしてみましょう。

STEP1 日常のマンネリ化チェック

□彼の前で着替えをする
□デートの時、ファッションやメイク、髪型に気合が入らない
□おならやゲップを平気でする
□手料理のメニューがワンパターン
□休日の過ごし方がワンパターン 
□LINEが要件のみになっている
□何か頼まれたら「面倒くさい」「自分でやればいいのに」と感じる

YESが3つ以上あったらさあ大変。まずは基本の関係性を見直す必要があります。

STEP2 エッチマンネリ化チェック

□セックスの回数が月に1回、あるいはなし
□セックスの手順が3カ月間変化なし
□オーガズム(イク)体験がないが、まあよしとしている
□誘われると面倒くさいと感じる
□彼は自分の性感帯を5つ以上知っている
□自分は彼の性感帯を5つ以上知っている 
□同じ曜日、同じ場所、同じ時間帯にしかセックスしない

YESが3つ以上あったら、かなりのマンネリエッチです。このままでは結婚後、セックスレスになってしまいますので、今のうちに解消しましょう。

では具体的にマンネリエッチを解消する方法をお伝えしていきます。

●マンネリエッチの解消法

(1)場所、環境を変えてみる

彼の部屋、あなたの部屋、ラブホテルなど、同じ環境でのエッチの積み重ねは飽きてしまって当然。そこでお風呂場やキッチンなど寝室以外の場所に誘ってみましょう。また寝室は、カーテンの色を替える、照明をアジアンにする、アロマポットを置くなどマイナーチェンジを忘れずに。「家の物置でしたら、誰か来るんじゃないかかと思って燃えた」というカップルもいたので、意外な隠れスポットを見つけるのもいいかも。しかしくれぐれも他者に気づかれぬよう配慮を。

(2)時間帯を変える

レッスン8でもお伝えましたが、相手がお疲れモードの時は、夜にせずとも、朝早めに起きてモーニングセックスでもいいでしょう。あるいは休日の午後、窓を閉めてトライするのも◎。時間帯が変わると気分も変わります。「え? こんな時間にエッチするの?」と戸惑うことで、いつもとちがう興奮を得ることができます。

(3)ファッションを変える

マンネリ夫婦のセックスレス相談でよくするアドバイスがあります。奥さんがいきなりエロチックな服やスケスケランジェリーを着ると、夫はドンビキというパターンが多いのです。これは未婚カップルでも同じです。彼との会話で「こんな下着なら萌える」「コスプレもしてみたい」という要望を聞き出し「じゃあ、やってみよう」という手順を踏んでください。まずは相手の嗜好を知る。

また、たまにチラ見せの服を着るのはOKです。最初から露出しすぎるより肌は小出しにしてください。特に胸元、ふとももの内側、脇の3点に注意を向けさせてください。

(4)官能DVD、映画を一緒に観る

男性向けのアダルトビデオを観る選択もありますが、女性側の脳のセクシースイッチをONにするにはストーリーがあり、きれいな俳優が出演する映画やDVDを観るほうが断然そっちの世界に入り込みやすいでものです。そこで以下の映画をカップルで見るのがオススメです。

・「硝子の塔」シャロン・ストーン
・「ポワゾン」アンジェリーナ・ジョリー
・「愛の渦」門脇麦
・「私の奴隷になりなさい」壇蜜
・「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」ダコタ・ジョンソン

(5)野生に戻れる場所に旅する

これはかなりのカップルにアドバイスし、「大成功!」の報告を多数受けたマンネリエッチとセックスレス解消の方法です。動物的本能を目覚めさせてくれる環境はジャングル、サバンナ、深い山の中。しかしそんな危険な場所に行くわけにはいきません。そこで、そのイメージに近い場所を探して旅をします。経済的に余裕があれば海外のジャングルの中にたたずむホテル。予算がなければ国内にも野性的なホテルは存在します。

以下はオススメの観光場所です。

・アナンタラリゾートゴールデントライアングル(タイ)
・IBHA(バリ)
・ダタイ(ランカウイ)
・パイヌマヤ(沖縄)
・ニラカナイ(沖縄)

上記にあげた場所は生い茂る熱帯雨林の中で土の香り、水の香りを感じ取ることができます。そして森の中にいる動物に襲われるのではないかという緊迫感が性の衝動を呼び起こすのです。「夜はビラの外に出てはいけない」といった忠告も、スリリング満点で2人を刺激します。実際、私が泊まった部屋のテラスには野獣が忍び寄って来てうなり声をあげました。

私の友人が体験したアフリカのホテルは夜になるとライオンや野獣の声が鳴り響き、怖さと同時にエッチしたいという衝動にかられたそうです。マンネリ夫婦でしたが、その夜は早朝まで抱き合ったというエピソードがあります。

いかがでしたか? マンネリを予防するにまずは「マンネリ」がどういうことか知り、自分たちは当てはまるのかまずは知ることが大事だとお伝えしました。そしてマンネリを引き起こす行動パターン「彼の前で着替えをする」「手料理がワンパターン」を見直す必要性もお話しました。

そのうえでマンネリになってしまったカップルは、エッチする時間帯や場所を変えたりして、いつもとはちがう環境に2人を置いてみましょう。関係性を客観的に見つめ直せる状況は、セックスレス予防・解消につながります。夏も近いので、野性に戻れる場所に2人で行ってもいいかもしれませんね♪

 (文/すずね所長(二松まゆみ) イラスト/進藤やす子)

次回の「セックスレスお悩み相談室」」は、7/23(土)更新予定です。お楽しみに!
※毎週土曜更新 

>>>バックナンバーはコチラから

お役立ち情報[PR]