お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 デート・カップル

【セックスレス解消法】テクニックは関係ない!? 愛を深めるセックスとは?

すずね所長(三松真由美)

アラサー女子が抱える「セックスレス」に関するお悩みを、セックスレスカウンセラーのすずね所長(二松まゆみ)が解説&アドバイス! エッチが苦手な女子でも実践できるよう、セックステクニックに言及するのではなく、仕草や会話、コミュニケーションからアプローチした「セックスレス対処法」を伝授します。上手にセックスレスを解消して彼との愛を深めましょう!

こんばんは! すずね所長です。

「最近、エッチの時に彼が義務的にしてるみたいな感じがするんですが、私とのエッチがつまらないんでしょうか」

「ベッドの中で彼の注文が多いのは私が下手だからでしょうか」

「彼にもっといろいろやって、と言われました。受け身の女はつまらないってどういうことですか」

など、彼とのセックスに自信がない女性の悩みをよく聞きます。完全な「マグロ女子」(自から何もせずまな板の上のマグロのように寝そべっているだけ、そして反応が少ない)であるならば、改善しなければなりません。しかし、今時の若い女性ならば、性への知識は多少なりともあり、エッチのときも積極的に動く人が多いのではないかと思います。ただテクニックを使うことに集中しすぎて「愛を深めるセックス」になっていないのかもしれません。

今回は、ある程度のテクニックは知っていると仮定して、「彼とのかけがいのないベッドタイムを充実させる方法」をお伝えします。

テクニックは関係ない!? 愛を深めるセックスとは?

■すずね所長のアドバイス

●上手に組み合わせよう! インスタントセックスとスローセックス

この連載でお伝えしてきた「相手の体調と気持ちの余裕」を察知することは、いつも欠かしてはいけません。相手のコンディションを確認した上で、ショートタイムで終わるセックスと、ゆっくり楽しむスローセックス、どちらをチョイスするか決めれば、彼も負担が少なくなります。

男性の気持ちを代弁すると「ほんとはエッチしたいけど、明日早いしな。ていねいに愛撫して相手を喜ばせてあげないと、やりたいだけって怒られそう。じゃあやめとく……」と言った、俺様セックスをとがめられるのがイヤという心理があります。

インスタントセックスをすると彼女に失礼ではないか、やりたいだけの男と思われるのではないかと考えてしまうのです。特に最近の男性はやさしくて、紳士的な傾向があり、セックス第一主義のイケイケ男性は過去の遺物になろうとしています。

平日の夜、遅い時間帯、彼の元気がない時などは、女性の方から「今日は疲れてるみたいだから、15分位で終わるエッチをしてみよう」と提案してみてください。そうすれば男性は「ラッキー!」と思います。そのかわり休日などたっぷり体力と時間があるときは、長い時間をかけてお互いの性感帯を探り当てるゲームなどをしましょう。

このようにベッドの上で彼の余裕を把握して、インスタントセックスとスローセックスを上手に組み合わせることができる女性は長く愛されます。ただし、本当に疲労困憊で眠いという場合は潔く撤退を。

●2人でギャップを楽しむ

男性は「清楚で恥じらう女性をその気にさせてみたい」という感情が強い生き物です。そこで、「イヤイヤ」「そんなこと恥ずかしい」と“未経験な私”を全面に出しつつ、3回に1回くらいは「動画でこんなことしてるの見たの」と大胆なテクニックを試す“ギャップ”を演出してみてください。清楚な女性がときどきセクシーな小悪魔になるギャップを男性はよろこびます。

胸のボタンを多めにはずし、常にウッフンというまなざしのセクシーウーマンは反面教師にしましょう。毎日セクシー路線でエッチ好きビームを出してばかりいると男性に飽きられるのが早いためです。

●キスの“タイミング”は“テクニック”にまさる

愛撫テクニックや体位ばかり気にしてキスをおろそかにしてはいけません。ビフォーセックスのまったりタイムやバスタイム、ベッドで戯れている時、そしてアフターセックス。この3タイムにタイミングをみはからって様々なキスを仕掛けましょう。エロチックなディープキスばかりするのはNG。小鳥のついばみのようなバードキスや、意外な場所へキスの不意打ちをして、相手をどぎまぎさせましょう。

●2人だけの秘密を作る

清楚で恥じらいのある女性は、彼としたこと、されたことを友だちに知られるのはイヤと感じるものです。そこで、「今日したことは誰にも秘密」と、言葉で伝えてみて下さい。秘密の共有は愛を深める第一歩です。秘密にしたいほどの大胆なことを探してみましょう。

●声ではなく“身体全体”で反応を伝える

彼に気持ちいいと伝えたいばかりに大きな声を出したり、「いい、感じる」と愛撫の最中ずっと唱えている女性がいますが、そこまでせずとも、身体で感じていると表現できるようにしておきましょう。「のけぞる」、「吐息を吐く」、「背中に回した指に力を入れる」、「首をイヤイヤと横にふる」、「唇を噛みしめる」、「彼にしがみつく」、「シーツを濡らす」など。身体での反応はここに書ききれないほどあります。まず自分なりにできそうな“感じている反応”を思い描き、実践してみてください。

●ベッドの中の会話で興奮度を高める

ベッドの中で遊びながらする会話は思い切り日常から離れたテーマを選んでください。彼があなたの身体にキスしている時に「そういえば、エリカが今度4人で飲もうって言ってた」など、友だちの話や仕事の話など持ち出してはいけません。しらけさせては負けです。逆に妄想タイムと仕立てて「今日はあなたが奴隷、私は女王様役よ」と、ストーリーを自分で回すくらいリードしてください。会話のセンスは男性より女性のほうがはるかに上です。ソフトSMにチャレンジする場合は、全くちがう自分になりきることが大事です。恥ずかしがる→しだいに大胆に。この過程を楽しむことができれば彼はあなたの虜です。

●賢者タイムはそっとしておく

男性がイってしまったあとのクールダウンしている状態のことを賢者タイムといいます。「終わったらすぐ寝てしまう」「終わったあと冷たくされる」「抱きしめてほしいのにしてくれない」という女性の声は数多し。しかしこの時間はそっとしてあげましょう。「私のこと好き?」と話しかけたり、「ねえねえ」と肩を叩くなどは絶対してはいけません。男性の生理的現象と考えて、そっと見守る。それができる女性は「うざい」と思われず、愛され続けます。

彼といいエッチをしようと思って、ネットや本で「セックステクニック」なるものを見て真似っこする。これはこれで大切なことです。ただ、男女関係はセックスだけではありません。テクニックを磨いて気持よくさせれば仲良しでいられるかというとそうではありません! たとえキスや愛撫がぎこちなくても、お互いの身体と気持ちを気づかえる関係でいることが、愛を深めます。そしてそんな2人ならば、セックスに関しても素直な感想を伝え合えるでしょう。

結婚後「夫と会話はあるけれどセックスの話題だけは避けている」という夫婦は非常に多く、仲良しだけどセックスレスという夫婦をたくさん見ています。そうならないためにも、「今日はこれがすごくよかった」「今度はこうしてみよう」と伝え合える関係性を築いておきましょう。セックスに関する会話ができるのは仲良しカップルの基本です。「お互いに学習し、高め合うセックス」を若いうちにおさえておけば、いくつになってもラブラブでいられることはまちがいありません。

(文/すずね所長(二松まゆみ) イラスト/進藤やす子)

今回を持ちまして「すずね所長による セックスお悩み相談室」は最終回となります。
今までご愛読いただきましてありがとうございました!
すずね所長の教えを胸に、パートナーとの素敵なセックスライフを送って下さいね♪

>>>バックナンバーはコチラから

お役立ち情報[PR]