お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 女性の身体

おりものシートはNG!? 医師が教える、デリケートゾーンの正しいケア方法Q&A

フォルサ

気温や湿度の高い季節になると気になるのが、体のニオイやかゆみ。特に夏に起こりやすいデリケートゾーンのニオイやかゆみは悩ましい問題ですよね。この程、メディアにも多数登場している大人気ドクター・吉木伸子先生の著書『噂の女医がこっそり教える女の不調が消える本』(主婦の友社)が、2016年6月1日に発売。今回は、女性が知っておきたい「デリケートゾーンの正しいケア方法」について同書から学んでいきましょう。

■デリケートゾーンのケア方法Q&A

吉木先生の著書を参考に、デリケートゾーンの正しいケアの方法をQ&A形式であげてみました。自分自身のケア方法を振り返って、ぜひ参考にしてみて!

Q1. トイレに行くとき、気をつけておくことはある?

A. トイレへ行くたび毎回ウォシュレットの温水で陰部を洗ったり、トイレットペーパーでゴシゴシふきとったりするのはNG。おりものは皮膚を守っているものなので、とりすぎると、陰部にはかえって負担になります。

Q2. おりものシートは使ったほうが清潔なの?

A.おりものシートは、紙の繊維でかぶることが多いので、常用することは避けましょう。蒸れにくい綿素材のショーツだけがベストです。

Q3. デリケートゾーンは石けんで洗っても大丈夫?

A. 外側部分だけをやさしく、1~2日に1回は洗いましょう。普通の石けんで刺激を感じる人は、デリケートゾーン専用の洗浄液を薄めてしっかりと泡立ててから使うといいでしょう。膣の中まで洗うのはNG。分泌物を洗い流してしまうと、かえって雑菌がつきやすくなります。

■デリケートゾーンだからこそ、日々正しいケアを

不快の元凶のように思われている「おりもの」ですが、口の中を絶えず唾液が潤して清潔を保っているように、膣内を弱酸性に保って雑菌から守ってくれている分泌物です。ですから、神経質に温水で洗ったり、トイレットペーパーでごしごしこすったりすると、かえって陰部に負担をかけてしまうことに。また、陰部の皮膚は顔よりも薄くてデリケートな部分。スキンケアの基本、「こすらない」「強くさわらない」を意識して正しくケアすることが大切ですよ。

(フォルサ/岩崎弘美)

『噂の女医がこっそり教える 女の不調が消える本』

著者:よしき皮膚科クリニック銀座 吉木伸子
定価:1,200円(税別)
発行:主婦の友社

 

 

 

 

 

お役立ち情報[PR]