お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 デート・カップル

【復縁シミュレーション】彼に「別れたい」と言われたら、どんな返事をすればいい?

浅海

「別れたあと、どんな方法で彼と連絡をとればいい?」「彼に新しい彼女ができていたとき、とるべき行動とは?」など、元カレと復縁したいという思いに直面したとき、きっと多くの問題があなたを待ち受けているはず。そんなさまざまなシチュエーション別に、復縁アドバイザー・浅海が恋愛ゲーム形式で問題を出題。その答えから、“あなたが進むべき正しい道”を解説していきます。あなたが選ぶ選択肢次第で運命が変わっていく……!?

こんばんは、復縁アドバイザーの浅海です。最近、「彼とケンカが増えている」「彼とのすれちがいが多い」などと感じていたら、急に別れを切り出された……。そんなシーンを本当によく耳にします。復縁相談では別れの状況を教えていただくのですが、「おかしいな」「なんだろうな」と思っていたところに、ガツンと別れ話が来ることが多いようです。ですから、心の準備ができておらず、慌ててNG行動を取ってしまう方がいるのも事実。別れのシミュレーションというのは、今は彼と仲よくやっているという女性には想像したくないことかもしれませんが、知っておくと役立ちます。逆に、すでに別れを迎えてしまった方は、別れ際の自分の対応が間違っていなかったか、ぜひ確認してみてください。今週は「彼氏に突然、『別れたい』と言われたとき」をシミュレーション! さあ、あなたはどんな言葉を彼に返しますか?

■今週のシミュレーション:「彼に『別れたい』と言われたとき」

Q.最近、そっけなかった彼に「別れたい」と言われた……! なんとなくわかってはいたものの、どうしても別れたくない。あなたの返事は?

A.「別れたくない! そんなの一方的でひどい」と受け入れない。
B.「そっか。今までありがとう」とアッサリ受け入れる。
C.「まだ好きなのに……。でもなんで?」と受け入れつつ理由を聞く。

■正解は……

C.「まだ好きなのに……。でもなんで?」と受け入れつつ理由を聞く。

<解説>

復縁で大切なのは「別れの原因を知る」ということ。お医者さんに行くときもそうですが、体調不良の理由がわからないと処方できません。同じように恋愛を修復するときも原因がわからないと修復できないのです。ですから、別れ際に理由を聞いておくと、今後の復縁にとても役立ちます。また、アッサリ引くよりは「まだ好きなのに……」と可哀想なあなたを見せておいたほうが彼の心に残ります。

■不正解を選んだあなたへ

A.「別れたくない! そんなの一方的でひどい」と受け入れない。

<解説>

別れたい彼と、別れたくないあなた。そんな対立関係を作ってしまうとアウトです。「別れよう」と彼が決めた瞬間よりも、もっとあなたの印象が悪くなってしまいます。しかも、「ひどい」と彼を非難してしまうと、ただでさえ申し訳ないと思っている彼はカチンと来るでしょう。「お前だってな……」と同じく彼があなたを非難します。これでは別れ際の印象がとても悪くなってしまいますよね。

B.「そっか。今までありがとう」とアッサリ受け入れる。

<解説>

実はこれ、不正解ではありません。が、惜しいです。というのも、アッサリ受け入れると正解とはちがい、別れの理由がよくわからないままになってしまうからです。印象は悪くないですが、復縁の作戦を立てるときに困ります。また、アッサリ受け入れることで、彼も「なんだ、意外と冷めてるな」という印象を受けてしまいます。自分がいなくてもいいんじゃないかと思うようになり、すぐに彼自身も切り替えて新しい恋に走ってしまいがちに……。少しくらいは悲しむ姿を見せておいたほうが彼の気を引くことになります。

■不正解を選んでしまったときのリカバリー方法

Aの対応をしてしまったら、まずは謝罪。「身勝手だった、ごめんね」と素直に謝り、少しでも別れ際の印象を払拭しておきましょう。そして、時間をおきます。どんなに怒っていても時間が経つと感情が落ち着くように、別れ際に彼が嫌な思いをしていたとしても、謝罪して時間をおくと、落ち着くことが多いです。ここで変に言い訳をしたり、「あなただってこんなところがあったでしょ」と言ったりしてしまうと、余計に関係を悪化させてしまいます。四の五の言わずに、スパッと謝って時間をおきましょう。

■「彼に『別れたい』と言われたとき」の対処法まとめ

急な別れ話はパニックになりますし、冷静に話し合いをすることは難しいと思います。ですが、大切なのはあなたと彼が対立関係にならないこと。「お互いにいい出会いだったし、今後もいい人生だといいね」という同じ方向性で別れ話がまとまると、よい関係のまま終えることができます。復縁のスタートはそこから! ぜひ、感情任せにならず、窮地だからこそ冷静に、今後のために落ち着いて対処していきましょう。

(監修・文:浅海、イラスト:タテノカズヒロ)

 

お役立ち情報[PR]