お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

一流の男か判断するのはココ! 合コンで男性のステータスを知るためにやったこと4選

神之れい

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

合コンでは相手の男性のステータスが気になるという女子も多いのではないでしょうか。直接は聞きにくいものの、どうにかして知りたい……。そんなときはどうするのか、働く女子に聞きました。

服のタグをチェック

「男性のコートをかけるとき、コートのタグをチェック。あとでこっそりそのブランドのショップでコートの値段を調べた。ほかの服もタグがわかれば調べてみて、そこから収入を予想する」(31歳/商社)

着ているブランドから、収入を予想するという意見。とはいえ、高いものを着ていたとしてもファッションにお金をかけるタイプかもしれないので、さりげなく会話の中から探ることも必要かも。

大学の最寄り駅を聞く

「どこの大学なのか、と聞くのはあからさまにステータスを気にしているのがバレるから聞きにくい。そこで、『大学はどこにあったの?』と最寄り駅を聞くようにしている」(30歳/飲食)

大学名を直接聞いても、本当のことを言わない男性もいるかもしれません。そういった意味でも有効な手段と言えそうです。

足をチェックして育ちのよさをみる

「テーブルから落としたものを拾うように見せかけて、テーブルの下にある男性の足をチェックする。貧乏揺すりをしていたり、靴を脱いで片足だけあぐらをかいているようなポーズをしていたり、大股を広げていたら育ちが悪いんだと思う」(32歳/福祉)

合コンでは上半身しか見えていないので、足元はつい気を抜きがち。そんな見えにくい部分をチェックすれば、育ちのよさがわかるようです。

わざとお金を出さない

「お会計のとき、わざと『おごってください』とお願いしてみる。そのとき露骨に嫌な顔をしたり文句を言ってきたりする人は大人げないと思う。内心は嫌でも、払おうとしてくれたら心が広いし場の空気を読める良識人だと判断。もちろん、『おごって』は冗談なので自分の分はきちんと払う」(28歳/商社)

「財布を出さない嫌な女!」と思われる可能性はありそうですが、確かにグチグチと文句を言うタイプより、サッとスマートに出してくれるタイプのほうが大人の余裕を感じます。

合コンでの出会いは相手のステータスがわかりにくいもの。短時間で知るために、判断するポイントを持っている女子もいるようです。とはいえ、ステータスも大切ですが、相手の中身を見ることも大切。ステータスだけでなく、相手のことを知るようにしたほうがいい出会いがあるかもしれませんよ。

※画像はイメージです

(神之れい+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]