お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド ボディケア

東京・四谷のオフィス街でハワイにトリップできる「足湯カフェ」、春のキャンペーンがスタート!

肩凝りや足のむくみ、仕事でのストレスなどで何となく体が疲れている……という“お疲れ女子”は少なくないのでは? 東京のオフィス街で足湯に浸かれてアロマトリートメントやもみほぐしなど、さまざまな施術を受けることができるというリラクゼーションサロンがあるという情報をキャッチ。ちょうど3月1日から春のキャンペーンがスタートするとのことなので、編集部Sが一足早く施術を体験してきました。

新宿通りに面したビルの3階にあるサロン。テーブルの下はそのまま足湯になっています。

今回、訪れたのは東京・四谷のオフィス街にある足湯カフェ&リラクサロン「Hapuna(ハプナ)」。新宿通りに面したビルの3階にあるサロンを訪れると、店員さんが笑顔で迎えてくださいました。

「ハプナ」は、2015年8月にオープンし、ハワイアンミュージックが流れる店内でアロマトリートメント、もみほぐし、リフレクソロジーなどを受けることができるリラクゼーションサロン。足湯につかりながらカフェとしても利用することが可能で、その日の気分や体調に合わせてくつろぐことができます。同店の担当者によると「お勤めの方以外にも地元の方など幅広い年代の方がいらっしゃいます」とのことでした。

春のキャンペーンは、「全身のアロマトリートメント(30分)ともみほぐし(50分)」が6480円、「太ももから足裏までのレッグアロマ(40分)ともみほぐし(30分)」が5680円、「ペア割のアロマトリートメント(60分)」が2人で1万800円の3コースで、通常よりお得に同サロンのメニューを体験することができます。

今回、私はペア割にもなっているアロマトリートメントを体験することに。アロマトリートメントを受ける前にまずは足湯につかります。「足湯」と言ったら、フットバスのようなものをイメージしていた私。実は、カフェのテーブルの下が足湯スペースになっているということで、驚きました。10分ほど足湯に浸かって足がポカポカになったら、いよいよアロマトリートメントです。

アロマトリートメントなどの施術を受ける個室スペース。心地よい香りとあかりに包まれてリラックスできます。

アロマトリートメントは初体験だった私。てっきりアロマをかぎながらトリートメントをするものだと思っていたのですが、ショーツ以外、体に何もつけずに施術を受けると聞いてまたまた驚きました。

ショーツはお店で使い捨ての紙ショーツが用意されているので、安心です。紙ショーツに着替えてバスタオルをまとったら準備万端です。「エステみたい!」と心が躍ります。

アロマオイルが背中に塗られてアロマトリートメントがスタート。アロマのよい香りと温かい手に包まれながら受けるトリートメントはまさに「カ・イ・カ・ン!」。体に直に触れられて受けるトリートメントは今回、初めてだったのですが、手の温かさがじんわりと伝わってきて肩や背中の凝りがみるみるうちにほぐされていくのがわかりました。

アロマトリートメント初体験の私でしたが、施術後は体も軽く足のむくみも取れて体がスッキリしているのがわかりました。

同サロンの担当者は「ハワイアンミュージックが流れる店内でアロマトリートメントを受けているとハワイへトリップした気分になると思います。いろいろな方に来ていただきたい」と話していました。

同サロンでは、春のキャンペーン以外の通常のメニューでも30分で受けられるメニューや初回限定メニュー、湯もみ(5分と10分から選択)がついた足湯のメニューもあるので、「ちょっと疲れたな」と思ったら気軽に行ってみてはいかがでしょうか?

春のキャンペーンは4月30日まで実施中。価格はすべて税込み。

足湯カフェ&リラクサロン「Hapuna」

営業時間 :11:00~22:00
問い合わせ先:03-5379-1880
公式ホームページ: http://hapuna.jp/

春のキャンペーン:3月1日から4月30日まで

① 「アロマトリートメント(30分)ともみほぐし(50分)」 6480円
② 「レッグアロマ(40分)ともみほぐし(30分)」 5680円
③ 「ペア割のアロマトリートメント(60分)」 2人で1万800円

(取材・文:堀池沙知子/マイナビウーマン編集部)

お役立ち情報[PR]