お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

付き合う気がなくても……男性をキープできる「告白の断り方」

ファナティック

男性に告白されると、決して悪い気はしないものですよね。でもあまりタイプでなかったり、今は付き合う気がなかったりするときは、お断りしなくてはなりません。そこで今回は女性のみなさんに、付き合う気がなくても、男性をキープできる「告白の断り方」について、お話を聞いてみました。

もう少しよく知りたい

・「もう少しお互い知ってから付き合い考えたい」(27歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

・「まだお互いの事知らないから、ゆっくり知っていきたいな」(25歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「もっとよく知ってから答えを出したい」(27歳/その他/その他)

本当は付き合う気がなくても、お互いのことを知らないからといった理由で、相手をキープしておくことはできるかもしれません。ある程度、期間が過ぎると、再度返事を求められるかもしれませんね。

今は付き合えない

・「今は、誰とも付き合う気がない、という。今は、を強調」(29歳/その他/その他)

・「今は誰とも付き合う気がない……とか?」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「今はまだわからないなど、可能性を残す」(31歳/その他/クリエイティブ職)

「今は」まだ付き合えないと言われると、もう少ししたら、もしかして付き合えるかも?と、男性は期待してしまいそうですよね。ほんの少しの可能性にでも、かけてみたくなるのでしょう。

まずはお友達から

・「友達としてはダメですか?と遠慮がちに言う」(28歳/その他/その他)

・「友達からお願いします」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「少し考えさせて。まだよく知らないからお友達から」(33歳/その他/その他)

あまり知らない相手の男性ならば、まずはお友だちからスタートさせて下さいといったことを伝えると、相手の気持ちをキープしておけそうです。友だちになって告白されたら、今度は「いいお友だちだから」ということで断れますものね。

また誘ってね

・「また今度、誘ってね等」(24歳/その他/事務系専門職)

・「また誘ってねーといって3回に1回食事に行く」(34歳/電機/事務系専門職)

・「やんわり断るけど、また会おうなどと言っておく」(30歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

デートや食事に誘われても、また誘ってくださいと伝えておくと、相手は本気にしてしまうもの。ただし、何回かに一度は実際に行かないと、さすがに相手も気付いてしまうものです。

男性の気持ちをキープしておこうと思った場合、ハッキリお誘いや告白を断るのではなく、数パーセントの可能性を残しておいてあげることが大切です。男性はすぐに手に入ってしまう女性より、なかなか手に入れられない高嶺の花に憧れてしまうものです。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数405件(22歳~34歳の働く女性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]