お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性に聞いた! バレンタインは義理でもほしい? それともいらない?⇒67.4%が……

ファナティック

社会人になってからと言うものの、毎年悩みのタネとなるのが「職場のバレンタイン問題」。お世話になっている人には、やっぱり義理チョコを贈った方がいいのでしょうか? それとも男性も迷惑? 社会人男性に義理チョコに対する考えを聞いてみました。

Q.男性に質問です。バレンタインデーの義理チョコに対する考えはどちらですか?

義理チョコでもほしい……32.6%
正直いらない……67.4%

今回のアンケートでは、なんと7割近くの男性が「正直いらない」と考えていることが判明。彼女からもらうならいざ知らず、職場の人からのチョコは、お返しに気を遣うしやっぱり重い? どうしてそう思うのか、それぞれの意見を聞いてみましょう。

<正直いらない>

かえって人間関係が悪くなるので、正直いらない

・「何かと勘違いしてしまうそうだし、義理であればあったで何かお返しを期待しているのではないかと勘ぐってしまう」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ホワイトデーにお返しをするのが面倒。彼女に見つかると気まずい」(26歳/機械・精密機器/営業職)

・「お返し等気を使う。ほかの方との兼ね合いもあるので無難なものを選ぶのが大変」(38歳/通信/事務系専門職)

仰々しい義理チョコだと彼女に誤解される可能性があり、お返しするのも大変。また変に気合の入った義理チョコは、本命か義理かがわかりづらく男性を困惑させることがあるよう。さらに義理だと判明しても、お返しに手抜きは厳禁とか。男性は毎年大変?

もらったものより高いものを返すなんて、割に合わない

・「お返しが面倒だから。義理でも3倍返ししなければ陰で何か言われそうだから」(35歳/その他/事務系専門職)

・「お返しをするときはもらったチョコよりも高い値段が求められるから。お金がもったいない」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「昔はうれしかったが、ホワイトデーである程度のお返しをすると考えると、自分で自分に合ったチョコを買った方が効率が良さそうだから」(38歳/医療・福祉/専門職)

さらにホワイトデーは、女性からもらったものよりも高めの品をお返しするのが一般的。これに理不尽さを感じてしまい、「だったらほしくない」なんて考えてしまう男性もいるよう。確かにそれなら、自分で自分のためにチョコを買った方がよさそうですよね。

<義理チョコでもほしい>

年に一度の機会だから、ありがたく頂戴する

・「自分自身がスイーツ好きなのと、こういうときでもないと女性からプレゼントをもらう機会が無いから」(36歳/印刷・紙パルプ/その他)

・「女性から何かいただける機会が年に一度くらいあってもいいと思う」(39歳/機械・精密機器/事務系専門職)

一方でお返しが面倒とはいえ、バレンタインは女性から何かをもらえる数少ない機会。これがなくなってしまうと、彼女がいない場合、誰からも何ももらわないことが続くと考えられ……。そう考えると、こんな機会もあった方が男性も心が潤っていいかも?

女性と仲良くなるきっかけづくりになる

・「嫌われてはいないということがわかる。コミュニケーションをとるきっかけになる」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「ホワイトデーのお返しに困るという点はあるけど、もらうことで自分のことを見てくれている人がいるんだという安心感を覚えるから」(29歳/その他/その他)

また義理チョコは「少なくとも嫌われていない」「気をかけてもらえている」ということがわかるため、仲良くなるきっかけづくりに使いやすいのだそう。普段あまり会話したことがない人と、少し距離を縮めるのにバレンタインは役立っているようです。

まとめ

義理チョコ肯定派もいましたが、残念ながら現在は「正直いらない」と考える男性が多数派なようです。もしも義理チョコを配るなら、お返しが必要ないほど安価なものにするか、連名で渡すようにして、個人でお返しする必要がないようにするといいのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年1月にWebアンケート。有効回答数458件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]