お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

彼氏ができない理由を自己分析してみた10

ファナティック

突き詰めて考えてみたところ、「私に彼氏ができない理由は、これなのでは……」と思いついちゃうこともありますよね。ひとりが長いと、自己分析もうまくなって困ります。そこで働く女性に、彼氏ができない理由を自己分析してみてもらいました。

仕事が忙しく、ストレスでやられている

・「だいたいストレスにより精神がやられている。女性ホルモンの乱れ」(24歳/食品・飲料/技術職)

・「仕事が忙しくて負のオーラを背負っていたと思う」(31歳/学校・教育関連/事務系専門職)

仕事が忙しすぎると心と時間の余裕がなくなり、気づけば恋愛と縁遠くなっているもの。「つまるところ彼氏ができないのは、会社のせいでは!?」……と責任を会社に押し付けてみたり。仕事のストレスでできる負のオーラは、恋愛を妨げます。

生活環境が乱れている

・「生活がちゃんとしていない。仕事が忙しすぎて、掃除をしたり整理整頓したりという普通のことができていない」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「生活環境が乱れている人。自分がそうなのですが、身の回りの整頓をしていないと雰囲気や態度に出てしまうと思っているので」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

だらだらした生活を送りすぎていると、なんとなく「だらっとした雰囲気」が身にまとわりついているような気に。これも恋愛を遠ざける「負のオーラ」の原因かも。掃除・洗濯が上手で家事がまめにこなせるかどうかは、見た目にもあらわれる!?

自分という鎧をまとっている

・「自分という鎧をまとって人が全く入るスキがない状態にしていると思う」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「自分自身に卑屈になっている。前の恋を引きずって周囲に不満を漏らしている」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「おひとりさまを堪能しすぎている」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

あんまり役に立つものでも、人からいいと思われるものでもないのに、「変な鎧」をいつの間にか身にまとっていることが……。この鎧を身にまとっていると、なぜか卑屈になっていたり、「おひとりさまが一番いい」なんて強がりを言っていたりします。

めんどくさいだけかも?

・「1歩を踏み出す努力を惜しむ。面倒くさがり」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「行動範囲が広いか狭いかのちがいだと思う」(28歳/食品・飲料/技術職)

・「やっぱり深層心理ではめんどくさがっているのかもしれない」(24歳/食品・飲料/専門職)

彼氏ができない理由の根っこの部分には、やはりこれがあるのかもしれませんね。せっかくの休日をおしゃれして出掛けたり、まめに連絡を取り合ったり。考えるだけでブルーなことも。はたまた出会いを求めにどこかに行くことが、すでに無理だったりします。

突き詰めて考えれば、彼氏ができないのにはこんなところに理由が隠されているのかもしれませんね。もう上記のようなことがすでに習慣化されているなら、かなり危険かもしれません……。面倒くさいけれど、手遅れになる前になんとかしなきゃ!?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数174件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]