お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム デート・カップル

こんな書き込みが、不倫を誘っているかも!?  SNSで簡単に不倫してしまう人の特徴3つ

昔は不倫などというと、ドロドロした昼メロの世界で、身近なことではなかったように思います。いえ、身近にもあったかもしれませんが、完全に水面下で行われていて、普段気付くことはなかったのではないでしょうか。あるアンケートでは5人に1人が結婚していながら浮気の経験あり、とのこと。最近はインターネットの普及によって浮気や不倫がもっと身近なものに。そんな最近のSNS不倫事情を調べてみました。

■ネットなら手軽に出会える

インターネットというのはハンドルネームを使ってやりとりしたり、住まいや職業などを明らかにしなくても、見知らぬ人と気軽に話すことができますよね。職場での不倫恋愛に比べればリスクは、かなり低め。まったく知らない者同士が、偽りの名前と偽りのプロフィールでひと時の快楽や癒しを得ることができるのです。最初は不倫をするつもりがなくても、メッセージのやり取りを通して寂しさの穴埋めをしているうちに、実際の関係へ……。知らない相手だからこそ話せることもありますから、いつの間にか見えない距離が縮まっていくのでしょうね。

■あなたの書き込みが、不倫を誘っているかも

あなたは何の気もなしに書き込んでいるSNS かもしれません。でもスリルのある恋を求める狩人には、書き込みを見てピンときてしまうみたいですよ。「この人は、浮気をしたがっている」「誰かを求めている」と。そうなれば、放っておくはずがありません。では、果たしてどんな書き込みが相手を誘っているのでしょうか。

・「家庭や夫婦に関する不満が多い」
まさにこれは「誰かこの場から私を救い出して!」と言っているようなものです。「話だけでも聞くよ」と近づいてくる狩人。「話すだけなら」と悩みを打ち明けているうち、いつの間にか不倫関係へ陥ることになりそうです。

・書き込みが頻繁&レスも早い
これも暇を持て余しているという印象や、寂しいことをうかがわせます。週末の夜に退屈そうな書き込み、おひとりさまアピール。もしも誘ったら簡単に関係が持てそうですよね。そこへ試しにあなた宛てのコメントを書き込んでみたら、すぐにあなたから返信。まるでエサを投げれば飛びついてくる鯉のようです。

・浮気のカミングアウト
「結婚しているけど彼氏はいつも切らさない」、とか「今日は旦那に内緒でデート」なんて書き込みも危険! あなたの中では友人や知人へのちょっとした見栄のつもりかもしれません。でも狩人からみれば浮気体質なのだと思われて、簡単に目をつけられてしまいます。

■元恋人、過去の知り合いとのつながりはすぐに不倫へ

SNSというのは昔の知り合いを探すのにも便利。あなたから元恋人を探した場合でも、相手がもし見つけてくれた場合でも、ここからの不倫はあっという間なんだそう。近況報告や懐かしい思い出話をするために会うのなら、抵抗がありませんよね? まして一度は恋に落ちた仲ですから、勝手知ったるなんとやら。すでに過去の関係だからこそ、割り切った付き合いができる、という感覚になりやすいのです。昔の同級生なども同じ。久しぶりに会ってみたら見違えるほど男前になっていた! なんてことがあると急にときめいてしまうかもしれません。話しやすい仲であるがゆえに、不倫関係に走ってしまうことも。


結婚して抱えるストレスから、離婚するほどではないけど、どこかで息抜きをしたい! という気持ちにさせるのでしょう。また、あなたが独身だとしても、独身男性より既婚男性のほうが頼もしく感じることもあるかもしれません。本来は倫理に反するから不倫と呼ぶのですが、だからこそ、燃え上がる何かがあるのかもしれません。しかし、お手軽にSNSで出会いが見つかるようになった昨今。くれぐれも自分を安売りしたり、安易な気持ちで泥沼へ足を踏み入れないでくださいね。

(鈴木ナナ)

お役立ち情報[PR]