お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男子の本音! 「男と女は絶対わかり合えない」と思った瞬間

ファナティック

どんなに好きな男性でも、「なんで?」と思うことってありますよね。それは、男性側からしても同じことのようです。今回は、男性の視点で「男女はわかり合えない」と感じる瞬間についてアンケート調査を行いました。今後の異性とのお付き合いの参考になるかもしれませんね。

■恋愛への考え方

・「男と女の友情があるかどうか」(38歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「浮気を許してもらえない」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「かわいい女性のタイプや性格について」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

男女差と言えば恋愛観を抜きには語れないでしょう。浮気は男の性質だからしょうがないというのは、男性の浮気に対する言い訳にすぎないのではないでしょうか。実際、女性だって浮気をすることはありますが、「浮気は女性の性質だ」なんてことは言いませんよね。また、男女間の友情というものがあるかどうかは、難しいところです。個人によって、それまでの経験から培われる価値観ですよね。「友情はアリ」と思う男女がカップルになることもあります。

■お金に関する価値観

・「物に対する価値観が違う。例えば女性はオシャレ、男はクルマなど」(36歳/その他/その他)

・「外での付き合いが頻繁に続くと理解してもらえない」(37歳/建設・土木/営業職)

・「男はお金があったら生きていけるけど、女はいまの社会では生きていくのは難しい」(39歳/金融・証券/経営・コンサルタント系)

付き合いが長くなるほど、相手のお金の使い方について気になるところが出てくるものです。お互い、「そんなものにお金を使ってどうすんの?」と思っていますよね。女性ならオシャレにはお金をかけたいですし、男性ならモノにはこだわりがあるはず。女子会ランチでホテルに行くこともあれば、男の付き合いでどうしても抜けられないことだってあります。相手の立場を考えてあげて、家計に負担がないのなら口をつぐむ配慮が必要かもしれません。

■趣味への理解

・「男と女ではコレクションする物の性質が大きく異なる」(39歳/情報・IT/技術職)

・「ガンプラの良さ」(37歳/電機/技術職)

お金の使い方の一つに、趣味があります。スポーツなら男女共に理解してもらえそうですが、ホビーとかコレクションとかいう領域になってくると、ケンカになってくるかもしれません。漫画を奥さんが勝手に捨てたなんてよくある話ですよね。一般的には男性の方が収集癖がありますが、女性だって靴とかカバンのことを考えてみたら、男性のことは言えないのではないでしょうか。

■論理と感情

・「女性はすぐ感情論に持っていこうとするが、男は理論的に導き出そうとすると、冷たいと言われる」(34歳/自動車関連/技術職)

・「男は会話の中で結論を求めるが、女は結論のない話をダラダラとすることに意味を見いだしているところ」(37歳/医療・福祉/専門職)

女性と男性が「会話」に求めることもちがいます。女性は友だち同士でいろんなことを話しながら総合的に状況を把握するのを好みますし、イヤなことがあったときには話を聞いてもらえるだけで元気になれます。一方、男性はすべての会話に意味を求め、悩みを聞かされたら「解決策を考えないと」と思ってしまうでしょう。感情を共有することを目的とする女性と、解決を求める男性とは、会話に求めることがちがいすぎるのです。お互いにこれを理解しておかないと、いつまでたっても会話が平行線をたどってしまうでしょう。

■まとめ

いかがでしょうか。男性は男女でこんなにわかり合えないと思っていることがあるのですね。女性のみなさんは、心の片隅で覚えておくといいかもしれません。また、女性も思い当たることがあるのではないでしょうか。お互い、「ちがうところがある」ということを知っておくことが大切ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年12月にWebアンケート。有効回答数411件。22~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]