お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 生活

マイナス20度、極寒の北海道に「猫舎」を! 保護猫舎建築のプロジェクトを開始

暖かな猫舎建築プロジェクトが始動

認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会はこのほど、保護猫舎建設の資金調達のために、クラウドファンディングサービス「READYFOR」で保護猫舎建築のプロジェクトを開始した。

可愛い猫と暮らせて社会貢献にもなる「ねこシェアハウス」第2弾オープン!

同プロジェクトを開始した認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会は、北海道の内陸部で犬猫保護シェルターを運営している。

冬のしっぽの会全景 左手が現猫舎

同会がある北海道長沼町は、北海道の緑豊かな内陸の田園地帯にあるが、冬には-20度になることもあるという。一晩でひざ上まで雪が積もることもあり、厳しい寒さの中で人間はもちろん、動物たちも戦っている。そのような環境の中にある同会の猫舎は、猫たちが耐えなければならないことも多い。

そこで同会では、2016年7月までに新しい猫舎を建築する予定を立てている。ただし、床や壁、天井に厚めの断熱材を入れるなどの寒さ対策、二重サッシの窓や二重構造の出入り口、雪の重みに耐える骨組み、耐凍性のある基礎などが必要なため、本州と比べ多くの建築費用がかかるという。

保護猫のスバルちゃん

そこで同会では、クラウドファンディングサービスREADYFORを利用し、12月15日からプロジェクトを開始。「保護した猫たちを健全に収容するための快適な猫舎を建設する」ことを目的に、そのための資金700万円の資金調達を目指している。

建築予定の猫舎の最大収容猫数は、60頭〜70頭(しっぽの会全体で保護可能な犬猫数は150頭)。高い気密性と空調設備を整えで、冬は暖かく、夏場も快適な猫舎づくりをめざす。また、感染症が蔓延しないよう衛生的な隔離部屋も設置。見学や面会に訪れた人が見やすい明るい雰囲気の猫舎にする予定とのこと。

同プロジェクトの資金募集締め切りは3月14日の23時。一口3,000円から支援することが可能。支援金の額に応じて、オリジナルミニトートバックや北海道長沼町産の米、加工食品などのリターンを用意する。

(フォルサ)

お役立ち情報[PR]